お気に入り物件
0
保存した条件
0
最近見た物件
0
ホーム
ホーム
お役立ちマガジン
あなたの家さがしのパートナー
渋谷営業センター 渡辺 真太郎

買わないデメリットも含めて、
未来をみつめてほしい。

家さがしを楽しんでいただくことを第一に、いいことだけを言わず、フラットな目線でお伝えすることを心がけています。私も結婚して子どもが産まれて、一戸建てを購入しました。お客様と同じライフステージに立ったことで、実感をもってご提案しています。自分で体験してみて、家を買うときは「得体のしれない不安」を感じたり、「誰かに頼りたい」という気持ちになるものだとわかりました。そんな思いを抱えているお客様に寄り添い、住んでみてわかる戸建ての良さ、家を持つ喜びをお伝えしています。購入を迷っているお客様には、家を買うことのメリットだけでなく、買わないデメリットもしっかり考えてほしいとアドバイスしたいですね。一番のデメリットは、一生涯に払う賃料の総額でしょう。計算すると相当な金額になりますが、購入すればすべて資産になります。今だけじゃなく「未来をみつめて」、家を持つことを考えてみてください。

休日は車で遠出して、
家族と過ごす時間を大切に。

高校までは野球部で、大学に入ってからは4年間ストリートダンスをやっていました。学校のサークルで踊ったり、深夜に新宿のビルの前で踊ったりしましたね。旅行も趣味の1つです。社会人になってからはなかなか時間がないですが、最近では新婚旅行で行った北欧が印象に残っています。ノルウェー、スウェーデン、デンマーク、フィンランドと4カ国制覇しました。街並みはヨーロッパとは雰囲気が違って、ゆったりとした空気感があります。何よりも景色が美しくて、フィヨルドは本当にきれいでした。北欧といえば家具。2人で家具店やインテリアショップを回って、たくさん買い物もしました。子どもが産まれてからは車で少し遠出をして、自然のある公園に行ったり、バーベキューを楽しんだりしています。

センター長自ら接客も担当。
部下の成長する姿を見るのが喜び。

実は入社1年目は成績が真ん中くらいでした。2年目に上司のせいとか、時代のせいとか「何かのせいにするのはやめよう」と思ったあたりから数字がついてきて、年間営業トップに。これが転機になって、6年目にセンター長に就任しました。センター長は営業セクションのトップで、各センターに1人しかいません。オープンハウスでは、営業マンが現地をご案内して「買いたいな」と思っていただいたら、その先の資金のご相談やご購入の認証をいただくところを責任のあるものが担当します。なので、私も最後の段階で接客を担当しています。もちろん営業センター全体の数字の管理や部下の育成も私の仕事です。部下の数も多いので、彼らが表彰されたり、役職が上がっていくのを見ることも大きな喜びですね。

※ 所属は取材当時のものです。

このスタッフに物件を探して欲しい方へ

LINE@でお気軽にご相談も承れます。

前の記事へ 次の記事へ

PROFILE

渋谷営業センター 渡辺 真太郎

入社年度
2009年
出身校
法政大学
役職
センター長
資格
宅地建物取引士、損害保険募集人
出身地
神奈川県
血液型
A型

あなたの家さがしのパートナーを探す

性別から探す

資格から探す

インタビュー形式から探す

営業所から探す

神奈川県

ページの上部へ