OUR BUSINESS オープンハウスの特徴・強み

売る力

磨き抜かれた接客力

スピーディーな対応、お客様のニーズをくみ取るコンサルティング能力などテクニカルな接客スキルは当然のことながら、立ち振る舞いやジェスチャー、話し方など、相手に与える印象を構成するディティールに至るまできめ細かな指導とフォローが繰り返される。
あらゆるエンドユーザー向けの商品の中でも最も高額な商品のひとつである住宅。営業の現場ではいかにお客様に寄り添い、よりよい住宅と生活をご提供できるかという強い思いを継続し、どのようにお客様に接するかが重要になる。オープンハウスはそうした思いの込もった接客力を日々研磨することで他社との圧倒的な差別化を実現しており、この力が他社にはない競争力の源泉となっている。

自社サイトによる販売プラットフォーム

オープンハウスは早くから、WEBを駆使した集客に注力し、東京、神奈川の戸建に特化した販売サイトとしては独自の地位を築いてきた。
日進月歩のWEBマーケティング分野にあって、常に最先端のマーケティング手法を導入することで、ホームページのページビューは月間200万、ユニークユーザーは30万人/月にも上る。
「東京・神奈川」の「戸建」にコンセプトを絞ったサイトは、多くのユーザーを集めるだけでなく、掲載物件数もエリア内では最大級の規模を誇り、物件とユーザーのマッチングによる安定的な販売プラットフォームを形成している。

売れる商品

「東京の戸建=オープンハウス」という図式

オープンハウス・ディベロップメントは、エリア特化で積上げてきた仕入れ力で、都心エリアで安定的な物件供給量を誇る数少ない戸建ディベロッパーとしての地位を確固たるものにしている。前年度の分譲実績は1800棟を超え、勢いは留まることを知らず、さらにエリア内シェアを伸ばしつづけている。
一方、安定的に供給される物件を優先的に販売しているオープンハウスは、東京で戸建を探すお客様にとっては、他に類を見ない品ぞろえを誇る販売店として大きな存在感を放ち、競争優位性を保ち続けている。東京、横浜、川崎、名古屋で19箇所に営業拠点を構え、それぞれの地域に密着したきめ細かい営業活動を展開することで、地域ごとに得られるお客様のニーズを吸い上げている。そうしたお客様の声を商品づくりにフィードバックすることで、強固な製販一体のビジネスモデルを実現している。

高いコストパフォーマンス

東京都心は土地が高額であるために、土地面積の小さな差異によって数百万の価格差に至るということは珍しいことではない。
オープンハウスグループでは、積年の販売実績から顧客ニーズを的確に捉えた空間を生み出す建築技術力と、その確保のために余分な土地面積をそぎ落とし価格を抑えるためのノウハウが蓄積しているから、お客様にとって満足度の高い家づくりを実現できている。
それを象徴するように、東京、神奈川において、土地面積に対して建物面積の確保が効率的な3階建て住宅の分譲棟実績で1位を獲得している。(※)
今後、さらに都心の住宅にふさわしいステータスとなるデザインを追求し、オープンハウスブランドをさらに加速させていく。

(※)「’16全国NO.1ホームビルダー大全集東日本版」より

主要事業×新たな挑戦

安定的な主要事業

戸建分譲、マンション分譲、ビル開発、商業施設開発、ファンドビジネスなど不動産開発ビジネスには多様な広がりがあるが、オープンハウスグループの主要事業である戸建事業は、こうした商品群の中でも、事業期間が短く、多くのお客様の需要に支えられているため、景気変動の煽りを受けづらく、安全性と安定性が高い事業領域である。
その中にあっても未だに人口が増加しつづける「東京」という特殊なマーケットにおいて確固たる地位を構築しており、規模と安定性を両立しながらさらに成長しつづけている。

新たな挑戦

オープンハウスグループは戸建事業による安定的な事業基盤を基礎とし、マンション事業、流動化事業のように、よリスク・リターンが高いビジネスを成長エンジンとして展開することにより、高成長・高収益体制を実現してきた。
今後もグループの背骨である戸建事業のさらなる拡大を図りつつ、バランスを保ちながら、M&Aやグローバルビジネス、ITなど新しい分野への投資を展開することでさらなる成長を目指し、独立系としては稀有な存在となる総合不動産企業の一角をなす地位を築いていく。

OUR BUSINESS CONTENTS 事業について