お気に入り物件
0
保存した条件
0
最近見た物件
0
ホーム
ホーム
お役立ちマガジン
オープンハウスの家
File.30 天窓からやさしい光が注ぐ、都会の中のリラックス空間。
File.30

2018年 11月

今月のオープンハウスの家

天窓からやさしい光が注ぐ、
都会の中のリラックス空間。

1/8

都内のターミナル駅からひと駅。活気のある駅前の商店街を抜けた住宅街に佇む中野区の家。空が広く、静かなエリアに建つ、くつろぎの住処です。とんがり屋根に付いた天窓が、2階のリビングや寝室に心地良い光を運びます。

※取材当時の商品は、現在取り扱いがない場合もございます。

間取図

 

物件DATA

土地面積 74.61㎡
建物面積 93.89㎡
間取り 2LDK+S
構造・工法 木造2階建て
駐車場 有り/1台

外観・アプローチ

白壁とのコントラストが美しい、
ナチュラルモダンなデザイン。

外観で目を惹くのが、2階のバルコニー。白壁に映えるウッディーなダークブラウンのフェンスには、横長の開口部を設けました。光と風を運ぶとともに、デザインのアクセントとなり、都会に建つ家にふさわしい洗練された雰囲気を醸し出しています。アプローチを彩る植栽スペースも高ポイントです。

玄関ホール

木の質感が美しい重厚感のある玄関ドアを開けると、ゆったりとした玄関ホールへ。タタキには、ベビーカーやゴルフバッグなどを置く十分なスペースを確保しました。玄関ホールからは、2階につながる階段への動線もスムーズ。来客時もスマートに2階のリビングへ案内できます。

洗面所・バスルーム

毎日のスタート&リセットを心地よく。
シンプルだからこそ、住む人のセンスが光る。

ホワイトを基調にした清々しい洗面台とバスルームは、ともにパナソニック。洗面台横のランドリースペースとバスルームにも、小窓を付けました。三面鏡のミラー裏の収納は、便利なコンセントの差し込み口付き。シンプルながら使い勝手の良い空間が、毎日のスタート&リセットを気持ちよくサポートします。

サービスルーム

1階のサービスルームは、6.35畳。オーク色で統一されたフローリングやドアが、スッキリとした空間を演出しています。ワイドなクローゼットは、高さもあり収納力もたっぷり。衣類はもちろん、季節家電やアウトドア用品なども収納しておけます。

リビング

ダークブラウンの梁がアクセント。
開放感のある17.64畳のLDK。

2階に広がるLDKは、最長3.5mの勾配天井を生かした、開放的な空間です。白を基調にした空間のアクセントとなっているのが、天窓を囲むように四方に配されたダークブラウンの梁。LD空間に設置した、さまざまな形の窓が作り出す表情とともに、モダンな雰囲気を演出しています。

リビング・ダイニングの階段横には、勾配天井の低い部分を生かして、少し奥まった個性的なスペースを設計。テレビ台を置いたり、ソファを置いたり、お好みやライフスタイルに合わせて、インテリアコーディネートを楽しめます。

キッチン

白いパネルが美しいモダンな対面式キッチンは、クリナップ。ゆったりとしたシンクとたっぷりの引き出し式収納を備え、毎日の調理をサポートします。シンクやコンロの前面には光沢のあるキッチンパネルを備えているので、水はねや油はねも拭き取りやすく、片付けもスムーズ。

バルコニー

リビングのドアの向こうに広がるバルコニーは、ウッディーなフェンスに囲まれたリラックスできる空間。プライバシーを守りながら、採光性・通風性に配慮した設計になっています。洗濯ものを干すのはもちろん、イスとテーブルを置いたり、夏には小さなビニールプールで遊んだりと、使い方が広がります。

主寝室

2階のキッチンの奥には、5.58畳の主寝室を設計。天窓、大きめの腰高窓、縦型のスリット窓から、やわらかい光が差し込みます。一面を使ったクローゼットも備え、収納力もしっかりと。キッチンやリビングに近いので、主寝室としてはもちろん、子どもの遊び部屋にもぴったりです。

オープンハウスのここがPoint!

1LDKに居心地の良さをプラスする天窓

開放感のある2階のリビング・ダイニングを、さらに居心地の良い空間にしているのが、天窓の存在。季節によって変化していく自然の光が、LDKでくつろぐ家族を明るく包み込みます。

2カウンターで見た目も家事もスマートに

リビング・ダイニングには、窓のそばにワイドなカウンターを備え付けて、明るくて、スッキリとしたワーキングスペースをしつらえました。パソコンコーナーとして、また子どもの勉強や家事の作業台として、多用途に活用できます。

目次

公式アカウント

住まいに関するお役立ち情報やおすすめ記事をお届けします。

家さがし初心者さん必見!

住まいについて考えはじめた方へ

おすすめのコンテンツ

ページの上部へ