お気に入り物件
0
保存した条件
0
最近見た物件
0
ホーム
ホーム
お役立ちマガジン
家と暮らしのコラム
理想の間取りの見つけ方

理想の間取りの見つけ方

2020年11月26日(木)

目次

理想の間取りを見つけるためには、広さ以外の部分にも着目する必要があります。部屋の形や配置は実際の生活に関わってくる重要なポイントです。平米数だけではわからない、家族ごとに必要な部屋の数や今おすすめの仕様を紹介します。

実際に必要な部屋の数は?

お子様の人数+1部屋が基本!

ご家族で住むことを想定した場合の基本の間取りは、「お子様の人数+1部屋」になります。
例えば、お子様が1人の3人家族の場合、2LDK以上が必要です。1部屋は主寝室、もう1部屋は子ども部屋といったように、暮らしに必要な部屋数を確保できます。

将来的な家族構成などを視野にいれることも大切です。基本となる部屋数が決まってからゲストルームや趣味の部屋、書斎などの要否検討にうつりましょう。

間取り図では部屋の形や配置も重視!

使いやすい部屋の形・配置というのは人それぞれです!

物件の間取り図を見ると、広さに目を向けがちですが、部屋の「形」と「配置」も重要です。「どこに家具を置こうかな?」「生活の導線はどうだろう?」など、普段の暮らしと照らし合わせることで、自然と使いやすい間取りが見えてきます。

そうとはいえ、間取り図だけでは実際の雰囲気までは感じ取れないことも。そんなときは、理想の間取りに似た物件を見学することもおすすめです。実際に見ることで、より具体的にイメージができるようになります。

似た間取りを探すのが難しいときは物件情報に精通している店舗スタッフに相談してみましょう。

部屋数以外にも注目!おすすめの仕様

「"おうち時間"を充実させたい」「仕事をするスペースが必要」など、住宅に対する価値観も変わってきている今、おすすめの仕様をご紹介します。

買い置きも安心、大容量のパントリー

まとめ買いでストックした食品や普段は使わない家電を置くなど、使い方が多岐にわたるパントリー。大きな収納があると、部屋をすっきり見せることができます。

仕事場やリラックススペースとして大活躍の書斎

リモートワーク(在宅勤務)の需要が増えてきたこともあり、自宅の作業環境を整える方が増えています。書斎を用意すれば、仕事場としてだけではなく、普段の生活から離れたリラックススペースとして活用することもできます。

書斎のある物件はこちら!

開放感のあるルーフバルコニー

自宅で過ごす時間が長くなることで感じてしまうストレスも、住宅の仕様で軽減することができます。開放感のある ルーフバルコニーやリビングの天窓など、家にいながら気分転換ができるスペースがあると、生活に彩りが生まれます。

気になる方はこちらから検索!
ルーフバルコニーのある物件を探す

図面だけでは分からないことも!

実際に見ることが「理想の間取り」を知る最短ルート!

図面ではよく見えたとしても、見学してみると「あれ?イメージと違う?」と思われる方も多くいらっしゃいます。

「図面上は南向きだけれど、前面道路が狭いから陽当たりが良くないな。」といった図面だけでは気づきにくいポイントや「LDKは広かったけどキッチンの収納が足りないかも。パントリーが欲しいな。」といった生活するうえでの要件なども見学することで見えてきます。

間取り図でイメージをしたあとは、実際に見学しておくことが「理想の間取り」を知る一番の近道です。

内覧可能な物件はこちら

これが結論!

ポイント1

部屋数は「お子様の人数+1部屋」が理想。

ポイント2

部屋の形や配置も大切。現在の生活に照らし合わせて想像してみよう!

ポイント3

見学をすることが「理想の間取り」への最短ルート。

  • 2020年11月時点の内容です。
  

おすすめのコンテンツ

ページの上部へ