お気に入り物件
0
保存した条件
0
最近見た物件
0
ホーム
ホーム
企業情報
ニュース&トピックス
2013年
住宅購入に関する意識調査

住宅購入に関する意識調査

2013年3月27日
株式会社オープンハウス

消費税増税で住宅購入に「焦り」 夫5割に対し妻7割

住宅選び 妻、自分の「こだわり」に強気!

夫の不満が爆発!?「夫婦げんか」に発展の可能性 4割

株式会社オープンハウスは、来年2014年4月の消費税率引き上げから1年を前に、現在、東京23区内の賃貸住宅に居住していて、初めての住宅購入を検討している30代~40代の既婚男女200名を対象に「住宅購入に関する意識調査」を実施いたしました。

今回の調査では、住宅購入意向者全体の6割(60.0%)が消費税増税に「焦り」を感じ、中でも夫(50.0%)よりも妻(70.0%)の方がシビアに「焦り」を感じている傾向が明らかになりました。一方で、「住宅購入の計画を早めるか早めないか」は全体で半数ずつ(「早める」49.5%、「早めない」50.5%)に分かれ、購入のタイミングを見極めている様子がうかがえます。

また、住宅選びの3大ポイントは「価格」(88.5%)、「エリア」(71.5%)、「間取り」(49.5%)で、購入予算は「3000万円以上4000万円未満」がボリュームゾーン(38.5%)であることがわかりました。なお、気に入った物件については、100万~200万円程度予算オーバーしてでも、「購入する」意向が強い(81.5%)ようです。

東京への居住志向については、「東京23区内に住みたい」が8割(80.0%)を占め、「城東地区」、「城西地区」、「城南地区」「城北地区」ともに、「住み慣れている」や「交通や買い物などの利便性が高い」が主な理由として挙げられました。中でも、「城南地区」では「資産価値が高い」、「憧れている」、「ステイタスがある」が他地区と比べ、顕著に高いことがわかりました。

そして、購入するなら「戸建」か、「マンション」かを願望と現実でたずねたところ、約6割(55.0%)が「戸建を購入したい」ものの、現実的には「戸建」が約3割以下(26.5%)に半減。現実的な検討として「マンション」が7割以上(73.5%)を占めました。

住宅選びに際しては、以下のように、夫よりも、妻の「強い想い」が浮き彫りになり、妻の「こだわり」に対する強気な姿勢が垣間見られました。

  • 物件見学数は、夫の半数(49.0%)が10件未満、妻の6割(63.0%)が10件以上。
  • 住宅選びでは夫(48.0%)よりも妻(70.0%)の方が「こだわり」が強い。
  • 最終的に「妻のこだわり」が優先されることを夫(62.0%)も妻自身(68.0%)も認識。

こうしたことから、住宅選びが原因で「夫婦げんか」に発展する可能性が、夫(40.0%)の方が妻(32.0%)より高い傾向にあるのかもしれません。

消費税増税は生活に大きな影響を及ぼしかねますが、「住宅選び」は将来の新しい生活に目を向けた、ご夫婦の協働作業です。ご夫婦お互いでコミュニケーションを密にして、是非、充実した「住宅選び」をしていただけたらと思います。

調査概要

調査名:
「住宅購入に関する意識調査」
調査主体:
株式会社オープンハウス
調査対象:
  1. 現在、東京23区内の賃貸住宅に居住していて、初めての住宅購入を検討している30代~40代既婚(配偶者同居)男性100名(有職者)
  2. 現在、東京23区内の賃貸住宅に居住していて、初めての住宅購入を検討している30代~40代既婚(配偶者同居)女性100名(有職・無職問わず)
調査方法:
インターネットによるアンケート調査
実査期間:
2013年3月11日(月)~15日(金)
回答人数:
200名(男性100名・女性100名)
※各図の中の(SA)、(MA)はそれぞれ以下を表しています。
(SA):選択肢から1つを選択する回答形式
(MA):選択肢から複数の選択を可能にする回答形式
※各図の中のNは、その質問への回答者の数を表しています、(例:N=200 は、回答者が200 人)
※数値は少数第二位を四捨五入しています。
内訳 男性 女性
30代 50名 50名
40代 50名 50名
合計 100名 100名

本調査結果

【消費税増税の影響】
消費税増税に「焦り」を感じつつ、一方で、購入のタイミングを見極めている様子

  • 全体では、消費税増税に「焦りを感じている」人が6割。
  • 男性(50.0%)よりも女性(70.0%)の方が増税に「焦りを感じている」が顕著に。
  • 一方で、「住宅購入の計画を早めるか早めないか」は半数ずつで、購入のタイミングを見極めている様子がうかがえる。

男性よりも女性の方が「消費税増税に焦り」が顕著

「東京のどこにでも家を建てられるなら、どのエリアがいいか」をたずねたところ、全体では世田谷区(12.5%)、港区(10.0%)、目黒区、杉並区(6.5%)と続きました。

「増税により住宅購入に『焦り』を感じるか」をたずねたところ、全体で6割が「焦りを感じる」(「どちらかというと焦りを感じる」を含む)と回答。中でも、男性は半数(50.0%)が「焦りを感じる」(「どちらかというと焦りを感じる」を含む)と回答しているのに対し、女性は70.0%が「焦りを感じる」(「どちらかというと焦りを感じる」を含む)と回答し、女性の方が消費税増税に対して、顕著に「焦りを感じている」ことがうかがえます。【図1】

問1.今回の消費税増税によって、あなたは住宅購入について、「焦り」を感じますか?(SA)

N=200(男性n=100・女性n=100)

問2.今回の消費税増税によって、あなたは住宅購入について、「焦り」を感じますか?

住宅購入を早めるか早めないかは半々、購入のタイミングを見極めている様子

「増税による住宅購入計画変更の有無」についてたずねたところ、男女の差異はほとんどなく、全体では「早めたいと思う」(「どちらかというと早めたいと思う」を含む)49.5%と「早めないと思う」(「どちらかというと早めないと思う」を含む)50.5%とほぼ半数ずつで、購入のタイミングを見極めている様子がうかがえます。【図2】

問2.今回の消費税増税によって、あなたは住宅購入の計画を早めたいと思いますか?(SA)

N=200(男性n=100・女性n=100)

問2.今回の消費税増税によって、あなたは住宅購入の計画を早めたいと思いますか?

【住宅購入意向層の志向】
住宅選び3大ポイントは「価格」、「エリア」、「間取り」で、購入予算は3000~4000万円が中心

  • 住宅選びの3大ポイントは「価格」(88.5%)、「エリア」(71.5%)、「間取り」(49.5%)。
  • 住宅購入予算は「3000万円以上4000万円未満」(38.5%)が中心で、平均金額は約3900万円。
  • 気に入った物件があれば、多少の予算オーバー(100~200万円)は惜しまない(81.5%)傾向に。

住宅選びの3大ポイントは「価格」、「エリア」、「間取り」

「住宅選びで何を重視するか」をたずねたところ、「価格」(88.5%)、「エリア」(71.5%)、「間取り」(49.5%)の順に重視すると回答しています。【図3】

問3.あなたは、住宅選びの際に、何を重視しますか?(MA)

N=200(男性n=100・女性n=100)

問3.あなたは、住宅選びの際に、何を重視しますか?

住宅購入予算は「3000~4000万円」が中心で、平均金額は約3900万円

「住宅購入の予算」をたずねると、「3000万円以上4000万円未満」(38.5%)、「3000万円未満」(22.0%)、「4000万円以上5000万円未満」(19.0%)と続き、「3000万円以上4000万円未満」がボリュームゾーンにあることがわかりました。なお、回答者の中での平均金額は3892.5万円で、最高金額は2億5000万円でした。【図4】

問4.あなたの住宅購入のご予算はどのくらいですか?(SA)

N=200(男性n=100・女性n=100)

問4.あなたの住宅購入のご予算はどのくらいですか?

多少の予算オーバーよりも「気に入った物件」を

「気に入った物件があった場合の予算オーバー(100~200万円程度)」についてたずねたところ、男女の差異はほとんどなく、全体で「購入すると思う」(「どちらかというと購入すると思う」を含む)が8割以上(81.5%)を占め、100~200万円程度の予算オーバーなら惜しまない傾向にあります。【図5】

問5.あなたの非常に気に入った物件がご予算をオーバー(100~200万円程度)していたら、あなたはどうすると思いますか?

N=200(男性n=100・女性n=100)

問5.あなたの非常に気に入った物件がご予算をオーバー(100~200万円程度)していたら、あなたはどうすると思いますか?

【東京への居住志向】
「東京23区内に住みたい」は8割。夢は「戸建」でも現実は「マンション」を選ぶ傾向に

  • 「東京23区内に住みたい」は8割。中でも「城南地区」が一番人気(30.0%)。
  • 住みたいエリアは、「住み慣れたところ」や「利便性」が主な理由。
  • 城南エリアを選ぶ理由として「資産価値が高い」(31.7%)、「憧れている」(20.0%)、「ステイタスがある」(16.7%)の割合が他のエリアに比べて顕著に高い。
  • 全体の約6割(55.0%)が「戸建住宅への願望がある」ものの、「現実的」には半減(26.5%)し、「現実的な選択としてマンション」(73.5%)が顕著に増加する傾向がある。

8割が「東京23区に住みたい」 女性は「城南地区」を好む傾向に

「住みたいエリア」についてたずねると、全体の8割(80.0%)が「東京23区内」と回答し、「城南地区」(30.0%)、「城西地区」(22.5%)、「城東地区」(18.0%)、「城北地区」(9.5%)の順になっています。また、特に女性は「城南地区」(34.0%)を住みたいエリアに選ぶ傾向が見受けられます。【図6】

問6.あなたが、最も「住みたいエリア」はどちらですか?(SA)

N=200(男性n=100・女性n=100)

問6.あなたが、最も「住みたいエリア」はどちらですか?
東京城東地区:
千代田区・中央区・荒川区・江戸川区・葛飾区・江東区・墨田区・台東区
東京城西地区:
中野区・杉並区・新宿区・練馬区
東京城南地区:
世田谷区・渋谷区・大田区・目黒区・品川区・港区
東京城北地区:
北区・豊島区・板橋区・文京区・足立区

「城南地区」の理由 「資産価値」、「ステイタス」、「憧れ」が顕著

「住みたいエリア」を選んだ理由をたずねると、各地区ともに半数以上が「住み慣れている」と「交通や買い物などの利便性が高い」を回答しています。また、「城南地区」では、「資産価値が高い」(31.7%)、「憧れている」(20.0%)、「ステイタスがある」(16.7%)の3点が他の地区と比べると著しく高い傾向にあります。【図7】

問7.「住みたいエリア」を選んだ理由は何ですか?(MA)

N=200(男性n=100・女性n=100)

問6.あなたが、最も「住みたいエリア」はどちらですか?

「戸建」は夢か幻か!? 現実的には「マンションを検討」

「住宅購入する場合、戸建・マンションのどちらを購入したいか、願望と現実的な検討」をたずねたところ、全体で約6割(55.0%)が「願望としては戸建を購入したい」ものの、「現実的な検討」になると半減(26.5%)。「現実的にはマンションを検討する」と約7割(73.5%)が回答しています。【図8】

問8.あなたが住宅を購入するとしたら、「戸建」と「マンション」のどちらですか?(SA)
※ここでは具体的な物件の立地条件、間取り、価格等は全く考慮しない「ご自身の願望」とそれらを考慮した「現実的な検討」についてお答えください。

N=200(男性n=100・女性n=100)

問6.あなたが、最も「住みたいエリア」はどちらですか?

【住宅選びと夫婦間の意識の違い】
夫も認める妻のこだわり!夫婦げんかに発展!?

  • 物件見学数は、夫の半数(49.0%)が10件未満、妻の6割(63.0%)が10件以上。
  • 住宅選びでは夫(48.0%)よりも妻(70.0%)の方が「こだわり」強し。
  • 最終的に「妻のこだわり」が優先されることを夫(62.0%)も妻自身(68.0%)も認識。
  • 住宅選びが原因で「夫婦げんか」に夫4割(40.0%)。

なるべく多くの物件を見学したい妻

「住宅を選ぶ際の物件見学数」をたずねたところ、男性は約半数(49.0%)が「10件未満」と回答しているのに対し、女性は「10件以上」と回答しているのが約6割(63.0%)と、なるべく多くの物件を見て検討したい傾向にあります。【図9】

問9.あなたは、住宅選びの際に、最低どのくらいの物件をご覧になりたいと思いますか?(SA)

N=200(男性n=100・女性n=100)

問9.もし私の家で新しくペットを飼うことができるなら、最も(     )を飼ってみたい。

妻は住宅への「こだわり」が顕著

「家庭内で一番こだわりのあるのはだれか」をたずねたところ、「自分」と回答したのが男性は約5割(48.0%)に対し、女性は7割(70.0%)と、女性の方が「こだわり」が強い様子がうかがえます。【図10】

問10.あなたは、住宅選びの際に、ご家庭内のどなたが一番「こだわり」があると思いますか?(SA)

男性n=100・女性n=100

問10.あなたは、住宅選びの際に、ご家庭内のどなたが一番「こだわり」があると思いますか?

最終的には「妻のこだわり」を優先

「最終的に、家庭内で誰のこだわりが優先されるか」をたずねたところ、夫の約6割(62.0%)は最終的には「妻のこだわり」と回答し、また、妻も約7割(68.0%)が「自分のこだわり」が優先されると回答しています。【図11】

問11.あなたは、住宅選びの際に、最終的にはご家庭内のどなたの「こだわり」が優先されると思いますか?(SA)

男性n=100・女性n=100

問11.あなたは、住宅選びの際に、最終的にはご家庭内のどなたの「こだわり」が優先されると思いますか?

住宅選びが原因で「夫婦げんか」 夫4割

「住宅選びの際に、配偶者と気まずくなったり、言い合いになったりすると思うか」をたずねてみると、全体では約4割(36.0%)が「なると思う」(「どちらかというとなると思う」を含む)と回答しています。また、男性と女性とでは男性(40.0%)の方が、女性(32.0%)より高い傾向にあります。【図12】

問11.あなたは、住宅選びの際に、配偶者との「こだわり」の違いで、配偶者と気まずくなったり、言い合いになったりすると思いますか?(SA)

N=200(男性n=100・女性n=100)

問11.あなたは、住宅選びの際に、配偶者との「こだわり」の違いで、配偶者と気まずくなったり、言い合いになったりすると思いますか?

以上

フリーコール

0120-717-021

※通話料無料。携帯電話、PHSからもご利用いただけます。
(営業時間:10:00~21:00)

お客様相談室

0120-50-1149

※通話料無料。携帯電話、PHSからもご利用いただけます。
(営業時間:10:00~18:00)

フリーワード検索

初めての家探し相談会
個別FP相談
CMギャラリー

全物件から検索する

ページの上部へ