お気に入り物件
0
保存した条件
0
最近見た物件
0
ホーム
オープンハウスの家づくり
物件を探す
特集物件
家さがしのお役立ちマガジン
企業情報
ホーム
お役立ちマガジン
家と暮らしのコラム
住まいのはじめて講座
新築と中古、住むならどっち?
第2回 住まいのはじめて講座

新築と中古、住むならどっち?

2019年1月28日(月)

家さがしの知識

住まいについて考え始めるのは、一般的に結婚や出産、子どもの幼稚園入学など、人生の節目を迎えたとき。家を買うということは、人生を長いスパンで見据えるということです。新築と中古では、ライフサイクルの中で、どのような違いが生まれるのでしょうか。
将来をシミュレーションしながら、自分に合った買い方を見つけましょう。

目次

平均寿命と平均的な建て替え時期

日本人の平均寿命に対し、木造住宅の耐用年数は30年程度なので、家の寿命は人より短いことがわかります。

家の耐用年数とライフサイクル

30歳で新築を購入した場合

初期費用は高くなりますが、ライフサイクルで考えるとムダがないと言えるでしょう。

30歳で築15年の中古を購入した場合

初期費用は抑えられるものの、ライフサイクルで考えるとミスマッチかもしれません。

講座のポイント!

ポイント1

ライフサイクルと建物のミスマッチに注意が必要です。
家を購入する年齢と耐用年数がミスマッチの場合は、老後の住まいへの不安が生じるかもしれません。

ポイント2

木造住宅の場合は、最初から建て替えや住み替えすることを視野に入れて、プランニングしましょう。

家さがし初心者さん必見!

住まいについて考えはじめた方へ

おすすめのコンテンツ

ページの上部へ