お気に入り物件
0
保存した条件
0
最近見た物件
0
ホーム
ホーム
お役立ちマガジン
家と暮らしのコラム
福豆で鬼退治! 2月の風物詩、『節分』をおうちで楽しもう!

福豆で鬼退治! 2月の風物詩、『節分』をおうちで楽しもう!

2021年1月28日(木)

目次

2月の風物詩でもある「節分」は、日本の中でも特に親しまれている大切な行事のひとつです。鬼を豆まきで退治することで邪気を払い、家内安全や無病息災を祈ります。意外と知らない節分の由来や自宅で楽しめる節分のポイントをご紹介します。

節分ってなに?

そもそも「節分」の「節」は季節の節目を表し、「立春・立夏・立秋・立冬」の前日にあたる日付となります。2月の節分が有名になっていますが、実は年4回あるというのはあまり知られていない事実です。2月の節分が取り上げられるようになったのには諸説あります。

今回はそのうちのひとつである「旧暦の大晦日の邪気払い」説をご紹介します。昔は、暦上で冬から春になるタイミングを1年の節目と捉えていたため、立春を新年の始まりとしていました。そのため立春の前日に当たる日を大晦日とし、その年の邪気を払うようになりました。このように邪気払いの意味合いが込められたため、2月の節分が取り上げられるようになった、という説になります。

また、2021年の節分は立春の日付がずれる関係で1897年以来、124年ぶりに2月2日になります。

豆で鬼退治をする理由は?

節分と言えば「豆まき」。 その豆まきに欠かせない存在が「鬼」です。「福豆」と呼ばれる炒った豆を「鬼は外、福は内」の掛け声とともに鬼に豆を投げて退治します。これは、平安時代、大晦日に行われていた宮中行事の「追儺(ついな)」を起源としていると言われています。外からやってくる厄や邪気、疫病の象徴でもある「鬼」を追い払い、無病息災を祈るものです。

豆は、魔物の目を射るという意味から「魔眼」や「魔滅」とも書き、厄払いのために使われていました。炒った豆を使うのは、「鬼の目を射る(炒る)」から通じているという説や、生の豆を使うと、「邪気が芽を出してしまうため」という説があります。

また、群馬県藤岡市鬼石地区のように「鬼は内」と呼ぶ地域などもあり、地域の違いに目を向けるのも面白いかもしれません。ちなみに鬼石地区には「鬼が投げた石でできた町」という伝承があり、全国から追い出された鬼を歓迎する「鬼恋節分祭」を開催するなど、鬼を町の守り神のようにとらえていたりします。

おうちで節分を楽しもう!

節分は家の邪気を払い、福を呼び込むこととからも家内安全のために欠かせない行事。外に出て遊ぶことが難しい今の時期だからこそ、家でできるひとつのイベントとして節分を楽しんでみましょう。

豆まきは夜やろう!

豆まきは日が暮れた夜に行いましょう。鬼は、丑三つ時と呼ばれる真夜中にやってくるとされているためです。「鬼は外、福は内」と言いながら、家の外に向かって豆を投げてください。この時投げる豆は、大豆を投げる地域と落花生を投げる地域に大きく分かれます。地域によって違いがあるのを知るのも、古き良き日本の風習として面白い部分です。

豆はまき終えた最後に、自分の年の数より1つ多く豆(福豆)を食べます。これには、「福」を体の中に取り込むという意味が込められています。

2021年の恵方は南南東!

恵方と呼ばれるその年の福徳をつかさどるとされる歳徳神 (としとくじん・とんどさん)がいる方角に向かって無言で太巻きを食べると願いが叶うと言われています。大阪で始まった風習とされており、「恵方巻」と呼ばれここまでメジャーになったのはコンビニエンスストアでの販売が理由と言われています。

「七福神」を由来とし、7種類の具材をいれることが基本とされています。切り分けて食べると、「縁が切れて」しまうため、家族ひとりずつ、1本丸かぶりで食べきりましょう。

玄関に柊鰯を飾ろう!

節分の時期には玄関に柊鰯(ひいらぎいわし)と呼ばれる飾りを飾る風習もあります。柊鰯とはその名の通り、焼いた鰯の頭を柊の枝に刺したものです。

強い鰯の匂いと、とげとげした柊の葉が、家に鬼が入るのを防ぎます。飾る時期は諸説あるので住んでいる地域の風習を調べるとよいかもしれません。飾り終えた際 は、神社でお焚き上げ をしてもらうのが一番ですが、難しい場合は塩で清めてから処分しましょう。

家にいるからこそ、季節の行事を大切にしよう!

新型コロナウイルスの影響により、外出を控えなければならない日々が続いています。家にいる時間が増えている今だからこそ、季節の移り変わりや風習に目を向けてみるのはいかがでしょうか。

オープンハウスでは、新しいおうち時間の過ごし方を提案しています。

これが結論!

ポイント1

124年ぶり!2021年の節分は2月2日!

ポイント2

福豆、恵方巻、柊鰯など、節分の風習を踏まえておうち時間を楽しもう!

  • 2021年1月時点の内容です。
  

おすすめのコンテンツ

ページの上部へ