お気に入り物件
0
保存した条件
0
最近見た物件
0
ホーム
ホーム
お役立ちマガジン
家と暮らしのコラム
目黒区の住みやすさ・イメージは?ファミリーから見た魅力も紹介!

目黒区の住みやすさ・イメージは?ファミリーから見た魅力も紹介!

2024年2月15日(木)

目次

目黒区は東京23区の南西部に位置し、23区の中では16番目の広さを持つ街です。都心に近く、緑豊かで文化的な雰囲気や、おしゃれといったイメージが強く、多くの人に住んでみたい街として評価されています。具体的な街の魅力や住みやすさなどを理解すれば、目黒区への移住を検討しやすくなるでしょう。本記事では目黒区の特徴や住みやすさ、治安について詳しく解説しますので引越しを検討されている方は参考にしてください。

本記事の結論:

  • 目黒区は都心部への交通アクセスが抜群
  • 目黒区は治安が良く、自然災害のリスクも低いため住みやすい
  • 目黒区は子育て支援が充実しており子育てしやすい

そして、目黒区で戸建て物件の購入を検討している方には、当サイトへの会員登録がおすすめです。

当サイトに会員登録すると、閲覧できる物件数が大幅に増え、会員限定物件の情報をいち早く得ることができます。

会員登録は30秒ほどで完了いたしますので、ぜひ会員登録してオープンハウス限定物件をご確認ください。

また、オープンハウス公式LINEでも限定物件やお得な情報を毎週配信しているので、友だち登録をして家探しの際の参考にしてみてはいかがでしょうか。

記事監修

山口 靖博

宅地建物取引士/2級ファイナンシャル・プランニング技能士
最新のトレンドや法改正を踏まえ、円滑な住宅売買に向けた仕組み作りと前線でのサポートを実践する。「ちんたいグランプリ(旧・不動産甲子園)」 2020年度・2022年度特別賞。

目黒区の5つのイメージ・特徴

目黒区

目黒区には5つの特徴があります。

以下5つの特徴についてご紹介します。

  • 中目黒や自由が丘などのおしゃれな街がある
  • 住宅街は閑静で治安が良い
  • 交通アクセスが良好
  • ファミリー層や高齢者が住みやすいエリア
  • 自然災害のリスクが低い

それでは、順番に解説します。

①中目黒や自由が丘などのおしゃれな街がある

目黒区の魅力の一つは、中目黒や自由が丘といったおしゃれな街の存在です。

中目黒には流行の最先端を行くカフェや個性的なショップが立ち並んでおり、春には目黒川沿いの桜が地域住民や観光客を魅了します。

一方、自由が丘は上品なショッピングスポットとして知られ、多彩なグルメ店やアパレルショップ、雑貨点が揃っており、見ているだけでも楽しめるでしょう。

大手チェーン店だけでなく、個人経営の店舗も多く、お気に入りのお店も見つかるかもしれません。

②住宅街は閑静で治安が良い

目黒区の住宅街は閑静で、緑に囲まれた穏やかな通りや治安の良さが特徴です。

令和4年に目黒区で発生した犯罪認知件数は1,327件で、これは23区の中で3番目に少なく、安全性が保証されているエリアということが分かります。

目黒区では生活安全課による24時間365日のパトロールや、地域住民によるパトロールなど、住民の安全確保への取り組みが熱心です。

こういった取り組みによって閑静で安全な住宅街が保たれており、一人暮らしの女性や小さなお子さまがいるファミリー世帯でも、安心して暮らすことのできる環境が作られています。

③交通アクセスが良好

目黒区は、その交通アクセスの良さも魅力の1つです。

目黒区は渋谷や品川、立川方面といった都心部へのアクセスが良好で、都心の主要駅まで乗り換えなしでアクセスできるのは嬉しいポイントでしょう。

新宿駅までは約12分、東京駅へは約20分と短時間で行くことができるため、通勤・通学だけでなく、買い物やおでかけにもぴったりです。

④ファミリー層や高齢者が住みやすいエリア

目黒区は、ファミリー層や高齢者にとって住みやすいエリアとしても高い評価を受けています。

治安がよく、生活の利便性が高いのに加えて、地域内には様々な子育て支援サービスや教育施設が充実しているため、子育て世帯でも安心して暮らせるでしょう。

また、高齢者向け住宅や介護サービス、コミュニティセンターなども充実しており、お年寄り世帯も住みやすいエリアとなっています。

日々の生活に必要な施設が近くにあり、公共交通機関によって移動も容易なため、あらゆる年代の人々が快適に過ごせるのが目黒区の魅力です。

⑤自然災害のリスクが低い

目黒区は、自然災害のリスクが比較的低いことで知られています。

目黒区はほとんどの地域が台地上にあるのに加えて、高いビルが少なく、海からも距離があるため地震や洪水などの大規模な自然災害が起こるリスクが少ない地域になります。

4カ国語での「防災行動マニュアル」の作成・配布や、防災士資格取得費用の助成など、万一の災害にも備えているため、安心して暮らせるエリアと言えるでしょう。

山口

目黒区はおしゃれな街のイメージが強いですが、住宅地は静かでお年寄りや小さなお子さまがいても住みやすいエリアとなっています。治安も良く、災害リスクも低いため、どの年代でも安心して暮らせる街です。

目黒区の治安が良く住みやすいエリア8選

目黒区

目黒区には治安が良く、住みやすいと評価されているエリアが多くあります。

その中でも、特におすすめのエリアを8つ紹介します。

①目黒駅周辺エリア

目黒駅周辺エリアは、目黒区内でも特に住みやすさが高いと評価されています。

目黒駅にはJR山手線を始めとする4路線が乗り入れており、交通の利便性は非常に高いです。

また、駅ビル「アトレ目黒」を筆頭に、駅周辺には商業施設や飲食店が充実しており、日常の買い物や外食に不便を感じることはほとんどありません。

目黒駅から5分ほど歩くと目黒川へと出ることができ、満開の時期には美しい桜を見られるのも目黒駅の魅力です。

②自由が丘エリア

自由が丘エリアは、目黒区の中でも特におしゃれなショッピングとグルメのスポットとして知られています。

多数のアパレルショップやカフェ、レストランが立ち並ぶ街並みは、見ているだけでも楽しい時間を提供してくれるでしょう。

また、自由が丘駅を利用すれば、渋谷や池袋に乗り換えなしで行けるのも嬉しいポイントです。

ショッピングやグルメで賑わいを見せる一方、治安はとても良く、日常の生活に必要な施設やサービスが近場に揃っているため住みやすい非常に魅力的な地域です。

③中目黒エリア

中目黒エリアは、ドラマや映画、雑誌などのロケ地として有名で、芸能プロダクションの本社や芸能人のマンションがあるいわゆるセレブタウンです。

そのため、外観や店内のレイアウトにこだわったおしゃれなレストランやカフェが多く、洗練された雰囲気を与えます。

目黒川の桜は全国を代表するお花見スポットとして知られており、毎年春には多くの人が訪れます。

買い物環境は整っているため、おしゃれな街並みの中で落ち着いた生活を送りたい人におすすめのエリアです。

④本町エリア(武蔵小山駅周辺)

本町エリア、特に武蔵小山駅周辺は、目黒区の中でも特に治安が良く、閑静な住宅街として知られています。

駅前には2つの大型商業施設のほか、下町情緒を感じる7つの商店街があり、日々の買い物に便利です。

家族向けの住環境も整っており、自然豊かな公園や学校、保育施設が多いため、子育て世帯でも安心して暮らせるエリアとなっています。

都会の便利さを感じながらも、穏やかな街に住みたい場合、武蔵小山駅周辺は非常におすすめです。

⑤中町エリア(学芸大学駅周辺)

中町エリアの学芸大学駅周辺は、活気ある商店街とおしゃれなカフェが魅力的な地域です。

駅直結の「東急ストア」をはじめとして、商業施設が多く、いくつかの商店街もあるため外食や買い物には困りません。

交通アクセスも良く、渋谷や池袋まで乗り換えなしで行けるため、通勤・通学にも便利なエリアです。

学芸大学駅から徒歩6分ほどの場所にある「碑文谷公園」はあらゆる世代から親しまれている憩いの場であり、自然を満喫したい方にはおすすめのエリアと言えます。

⑥原町エリア(西小山駅周辺)

原町エリアの西小山駅周辺は、商店街の賑わいが特徴的な地域です。

地域に根差した店舗が多く、「西小山商店街」や「弁天通り商店街」など、地元住民に親しまれている商店街が数多くあります。

並木道や公園の緑が多く、都内にしては自然豊かな環境など、落ち着きのあるエリアで暮らしたい人におすすめできるエリアです。

⑦洗足エリア

洗足エリアは、静かで落ち着いた環境として知られているエリアです。

洗足駅からは女性に人気のエリアである目黒へ5分で移動できるほか、都内の主要駅まで片道30分圏内とアクセスが良いです。

治安の良さも特徴で、犯罪率が低いエリアなので一人暮らしの女性でも安心して暮らせます。

駅から離れると高級住宅街のような閑静な街並みが広がっているため、落ち着いた環境で暮らしたい人にはぴったりでしょう。

⑧大岡山エリア

大岡山エリアは、目黒区内で落ち着いた雰囲気を持つ地域の一つです。

大岡山駅からは東急大井町線と目黒線の2路線が利用でき、JR山手線が通る目黒駅までは6分で移動することができます。

「自由が丘」や「二子玉川」といった人気の商業エリアまでは10分以内でアクセスできるため、買い物を楽しみたい人におすすめです。

また、駅前には東京工業大学のキャンパスがあり、駅周辺には学生に優しいリーズナブルな飲食店が多いです。

駅から少し離れると閑静な住宅地が広がっており、その落ち着いた住環境から、学生だけでなく、多くの人に住みやすいと評価されているエリアとなっています。

山口

目黒区には住みやすいと評価されているエリアが複数あります。通勤・通学に便利なエリアや買い物が便利なエリアなど、それぞれに特徴があるため、ライフスタイルと相談して自分の住みやすいエリアを選ぶことが大切です。

目黒区の交通アクセスの利便性

交通アクセス

目黒区は交通アクセスが非常に良い地域です。

以下3つの交通の利便性についてご紹介します。

  • 鉄道の利便性
  • バスの利便性
  • 高速道路の利便性

それでは、順番に解説します。

鉄道の利便性

目黒区では以下の鉄道路線が利用可能です。

  • 京王井の頭線
  • 東急東横線
  • 東急目黒線
  • 東急大井町線
  • 東京メトロ日比谷線

目黒区内には京王電鉄と東京電鉄、東京メトロが通っていますが、23区内で最も鉄道の駅が少なく、区内にはたった8駅しかありません。

しかし、新宿駅までは約12分、東京駅へは約20分と短時間で行けるのに加えて、渋谷や品川、立川方面を網羅しているため、移動できる範囲は広いです。

バスの利便性

目黒区内には東急バス、東急トランセ、小田急バスといった路線バスが通っています。

自由が丘周辺を巡回している「サンクスネイチャーバス」は、水曜日を除き八雲ルートは30分ごと、駒沢公園ルートは35分ごとに循環しており、運賃無料で乗ることができます。

東京23区で唯一都営バスの営業路線が存在しませんが、他の路線があるため、不便さはあまり感じないでしょう。

高速道路の利便性

目黒区には、首都高速道路3号渋谷線と首都高速道路中央環状線が通っています。

首都高速道路に近接しているため、自動車でのおでかけが多い方でも安心して遠出することができます。

また、目黒区には国道246号線や環状七号線、山手通りなど幹線道路が数多く通っているため、通勤や出張、休日のおでかけにも便利です。

山口

目黒区は交通の利便性が高く、都心部まで簡単にアクセスすることができます。電車だけでなく、バス路線も多く通っており、駅から遠いエリアにも行きやすいのが特徴です。

目黒区の公園

目黒区には、以下のような公園があります。

  • 林試の森公園
  • 碑文谷公園
  • 駒場野公園

それぞれの特徴や魅力をご紹介します。

林試の森公園

林試の森公園
所在地 目黒区下目黒5丁目・品川区小山台2丁目
電話番号 03-3792-3800
利用可能時間 24時間
入場料 無料
駐車場 なし
アクセス 東急目黒線・都営三田線・東京メトロ南北線「武蔵小山」徒歩約10分
JR渋谷駅から東急バス(恵比寿経由)五反田行き(72系統)「林試の森入口」下車、徒歩約1分

林試の森公園は、武蔵小山駅から徒歩10分に位置する公園です。

元々は林業試験場だった場所に開園した公園であり、珍しい樹木や、幹回り3mを超える巨大な樹木が数多くあります。

冒険広場には子供向けのロープ遊具があり、夏になると「ジャブジャブ池」で水遊びをすることもできます。

また、5月~10月には予約をすることで、デイキャンプ場として利用できます。

オオルリやキビタキ、カワセミ、サンコウチョウといった珍しい鳥を見ることもできるので、自然に関する学習にもぴったりな公園です。

碑文谷公園

碑文谷公園
所在地 目黒区碑文谷6-9-11
電話番号 03-5722-9775
利用可能時間 6:00~21:00
入場料 無料(一部有料施設あり)
駐車場  28台/20分ごと100円
アクセス 東急東横線「学芸大学駅」下車、徒歩約6分

碑文谷公園は、広さ約4万3500平方mの目黒区有数の規模を誇る区立公園です。

北側には野球場やテニスコートといったスポーツ施設、南側には弁天池を中心とした緑豊かな公園が広がっているのが特徴です。

弁天池は「ボート池」とも呼ばれており、土・日・祝日に有料でボート遊びができます。

また、「こども動物広場」ではポニーの乗馬体験や、ウサギやモルモット、犬とふれあって遊ぶこともできます。

地域の方々やボランティアの人たちによって、北側の小公園やバラ花壇、池脇の花壇などが美しく手入れされているため、美しい花々を楽しむこともできます。

駒場野公園

駒場野公園
所在地 目黒区駒場2-19-70
電話番号 03-5722-9775
利用可能時間 自然観察舎:9:30~16:30
デイキャンプ場:9:00~16:00
入場料 無料
駐車場 なし
アクセス 京王井の頭線「駒場東大前駅」下車、徒歩約1分

駒場野公園は、駒場東大前駅下車徒歩1分と、優れたアクセスを誇る公園です。

園内には、全国の県木を植栽した北国の林、関東・関西の雑木林、南の国の林のほか、果樹園、サルスベリの林などがあり、ソメイヨシノをはじめとする19品種もの桜も植えられています。

また、夏には水遊びのできるジャブジャブ池や、鳥が生息しやすいように整備されたバードサンクチュアリ、デイキャンプができる広場など、自然を存分に満喫することができます。

緑豊かな駒場野公園の自然観察やボランティア活動の拠点の「自然観察舎」では、常駐の解説員が観察に関してのアドバイスをくれるので、自然観察に興味がある方にはおすすめの公園です。

山口

目黒区には多くの公園があり、都内でもたくさんの自然を感じることができます。夏には水遊びをすることができる公園や、バーベキューを楽しめる公園もあるため、家族でのレジャーにもおすすめです。

目黒区のショッピングモール

目黒区からは、以下のようなショッピングモールが利用できます。

  • 恵比寿ガーデンプレイス
  • アトレ目黒
  • キュープラザ恵比寿

それぞれの特徴や魅力をご紹介します。

恵比寿ガーデンプレイス

恵比寿ガーデンプレイス
所在地 渋谷区恵比寿4-20
営業時間 7:00~0:00(店舗によって異なります)
最寄りのバス停 恵比寿ガーデンプレイス
駐車場 有料駐車場あり/15分ごとに160円

恵比寿ガーデンプレイスは、1994年10月に開業した東京都渋谷区と目黒区に跨る総合施設です。

高さ167メートルと見上げるほどの高さを誇る恵比寿ガーデンプレイスタワーは、数多くの企業が入っているオフィスビルですが、1階にはスターバックスが、38〜39階にはレストラン街が入っています。

センタープラザで買い物を楽しんだり、恵比寿ガーデンシネマで映画を楽しんだりと、買い物だけでなく休日の息抜きに遊びに来るのにもぴったりな場所です。

クリスマスには世界最大級のシャンデリアの点灯や、10メートルものツリーが飾られるなど、イベントごとの装飾も魅力的です。

アトレ目黒

アトレ目黒
所在地 アトレ目黒1 : 品川区上大崎2-16-9
アトレ目黒2 : 品川区上大崎3-1-1
営業時間 10:00~23:00(店舗によって異なります)
最寄りのバス停 アトレ目黒1:目黒駅前バス停
アトレ目黒2:目黒駅前(東口ターミナル)バス停
駐車場 アトレ目黒1:アトレ目黒1・2階にあり
15台/最初の1時間500円、以降30分ごとに250円
アトレ2:アトレ目黒2 五反田寄りにあり
90台/最初の20分300円、以降10分ごとに100円

アトレ目黒は駅直結のショッピングセンターで、地下1階から5階の「目黒1」と2階建ての「目黒2」の2館があります。

豊富な品揃えが特徴のアトレ目黒は「上質な毎日の提供」をコンセプトとしており、食料品やファッション、生活雑貨など多くの商品を取り扱っています。

最新のファッションから、定番のユニクロまで揃っているため、ちょっと贅沢な買い物から普段使いの買い物まで楽しめるのが嬉しいポイントでしょう。

「目黒1」には芝生のある空中庭園があり、ベンチで一息つくこともできます。

キュープラザ恵比寿

キュープラザ恵比寿
所在地 渋谷区恵比寿1-8-12
営業時間 10:30~20:00(店舗によって異なります)
最寄りのバス停 恵比寿駅前
駐車場 なし

キュープラザ恵比寿店は地下1階から地上6階建ての商業施設で、レストランとフィットネスクラブが入っています。

バーラウンジも兼ねているMEDUSAは神秘的な空間の中で、イタリアンをベースとした鮮やかなシーフード&チャコールグリルを楽しむことができます。

女性専用本格的デイスパのOASIS RAFEELでは、質の高いトリートメントメニューや厳選したフィットネスプログラムを受けることができ、身も心も綺麗にすることが可能です。

山口

駅周辺にショッピングモールが充実しているのも、目黒区の嬉しいポイントでしょう。ちょっとした日常の買い物だけでなく、友人への贈り物や、誕生日の贅沢など、色々な場面でご利用いただけます。

ファミリー層から見た目黒区の住みやすさ・魅力

ファミリー層

子育て世帯から見た目黒区の住みやすさは、主に以下の通りです。

  • 子育てに特化した支援が充実している
  • 保育施設の待機児童がゼロ

それぞれ詳しく解説します。

子育てに特化した支援が充実している

目黒区では、子育て支援が充実しており、小さなお子さまがいるご家庭でも安心して暮らせる環境が整っています。

目黒区は、令和2年4月1日から「めぐろ子育てホッ!とナビ」という、妊娠・出産や子育てに関するお知らせやイベント情報を受け取ることができるアプリを配信しています。

地域の子育て支援施設の検索や、出生日と予防接種歴を登録することで予防接種日のお知らせをしてくれる機能など、子育て中の方にとって嬉しい機能が盛りだくさんです。

また、目黒区では経済的理由により高等学校・高等専門学校への修学が困難な方に奨学金が出る制度もあります。

子どもを高校に入学させたいのに金銭的に苦しい家庭でも、入学する上で必要な経費30万円以内であれば、無利子で奨学金を出してくれるため、力強い助けとなるでしょう。

こういった制度が揃っているため、目黒区は子育てをする家族にとって住みやすく魅力的なエリアとなっています。

保育施設の待機児童がゼロ

目黒区では、保育施設の待機児童数が少ないのが特徴です。

年齢別保育所等入所待機児童数は令和元年度時点では79人いましたが、それ以降は令和5年度まで連続して0人となっています。

認可保育園の数は、令和元年には5,795しかありませんでしたが、令和5年には7,382と増加傾向にあるため、待機児童数が減ったことが分かります。

保育施設の待機児童がゼロという事実は、子育てをしている家庭にとって安心できる情報と言えるでしょう。

山口

目黒区にはいくつもの子育て支援が揃っています。子育てに関する情報を手に入れやすい環境でもあるため、第一子で分からないことが多いご家庭や、一人親世帯でも安心して暮らせるでしょう。

目黒区はどんな人におすすめ?

おすすめ

目黒区に住むのがおすすめな人は、主に以下2つに該当する人です。

  • 子育てしやすい街で暮らしたい人
  • 都心に近く治安の良いエリアで暮らしたい人

それぞれ詳しく解説します。

子育てしやすい街で暮らしたい人

目黒区は、子育てしやすい街で暮らしたい人にとって、非常におすすめできるエリアです。

まず、目黒区の特徴として、充実した子育て支援があります。

子育てに関する総合的な情報を確認できる「めぐろ子育てホッ!とナビ」の配信や、子育て応援事業「ゆりかご・めぐろ」といった、目黒区独自の子育て支援も多いです。

また、区内に公園が多いため、自然に触れながら子どもたちが成長できる環境となっています。

住宅街の治安も非常に良いため、子どもの登下校や遊びに行く際にも安心です。

都心に近く治安の良いエリアで暮らしたい人

目黒区は、都心に近く、なおかつ治安の良いエリアで暮らしたい人にもおすすめの場所です。

目黒区からは簡単に都心部へアクセスができ、日々の通勤・通学や休日のおでかけに便利です。

また、治安も非常に良く、犯罪認知件数の少なさは23区の中で3番目となっています。

優れた治安と生活の利便性を求める人にとって、目黒区はライフスタイルにぴったりなエリアと言えるでしょう。

山口

目黒区にはいくつもの魅力があり、多くの人に住みやすいと評価されている街ですが、その中でも子育て世帯や都心部の利便性に憧れる人にはおすすめです。特に、治安の良さは老若男女問わず嬉しいポイントでしょう。

目黒区についてよくあるご質問

質問

目黒区についてよくあるご質問は、下記の通りです。

  • 目黒区は住みやすさランキング何位?
  • 目黒区はなぜ人気なの?
  • 目黒区に住むメリット・デメリットは?

それぞれに回答していきます。

目黒区は住みやすさランキング何位?

目黒区はおうちパレットが行った「東京都民に聞いた!東京23区住みやすい街ランキング【2021年版】」で、総合満足度1位を獲得しています。

交通利便性や買い物などの生活利便性といった点が都民から評価を受けており、特に治安の良さや繁華街に近い立地などが高く評価されています。

また、自然災害の安全性も高いため、長く住むことのできるエリアでしょう。

目黒区はなぜ人気なの?

目黒区の人気は、その優れた交通アクセスや豊かな生活環境、そして治安の良さに由来しています。

区内には京王電鉄や東京電鉄といった複数の鉄道線が通っており、都心部へのアクセスが非常に便利です。

また、緑豊かな公園やおしゃれなカフェ、ショップが多く、落ち着いた環境の中で快適な日常生活を楽しむことができます。

治安も良好で、子育て世帯に優しい施設が充実しているため、小さなお子さまのいるご家庭から高齢者まで幅広い年代の人が住みやすいです。

これらの要素が組み合わさり、目黒区は多くの人にとって人気のある街として評価されています。

目黒区に住むメリット・デメリットは?

目黒区に住む最大のメリットは、交通や生活の利便性が高く、治安が良いことです。

都心部への移動が容易かつ、駅周辺には商業施設が充実しており、快適な生活を送ることができます。

一方で、デメリットとして生活費が高く、特に住宅価格が高価なこと、また主要駅である目黒駅の混雑が挙げられるでしょう。

目黒駅にはJR山手線、南北線、都営三田線、目黒線が通っていますが、便利さゆえに混雑が避けられないことも多く、特に休日は人が集まるため余計に混み合うことが予想されます。

これらの点を総合的に考えると、目黒区は多くの利点を持ちながらも、ライフスタイルによっては住みにくいエリアになる可能性もある街と言えます。

自分の求める条件と街の特徴が上手く噛み合っているか、しっかりと確認することが重要です。

山口

目黒区は都民からも高い評価を受けているエリアであり、ランキング1位を取るなど実績を残しています。ですが、全員が住みやすいエリアというものはないため、居住を検討する際には自分のライフスタイルに合っているかをしっかりと確認することが大切です。

オープンハウス購入体験記

実際に、オープンハウスで目黒区の住宅をご購入いただいたお客様の体験記を紹介します。

目黒区住宅

<ご購入者様プロフィール>

ご主人様・奥様・お子様

<きっかけと決め手>

利便性を考慮して駅から近い立地であることと、同じ地域に長年住んでおり友人や親戚も近くに多くいるので、同じエリアで住み替えることは譲れない条件でした。

以前の家は2LDKの賃貸マンションでそれなりの賃料もしてたので、勿体ないと思いながら過ごしていました。

整体に通う道の途中でこの土地を見つけて、こんなに駅から近い場所が空くなんてそうそうないですから、案内をみてすぐにオープンハウスさんの営業所に向かいました。

気持ちとしてはほぼ決まっていたのですが、他の土地や物件も比較のために見させてもらいましたが、やっぱりここだなと翌日の夕方には決めていたかと思います。

営業さんの説明がしっかりしていて、購入した後の流れについてもわかりやすく伝えてくれたので、資金面含めて家を持つイメージができて安心できました。

<これから家を購入する方へのメッセージ>

土地に関しては出会いやご縁もあるので、譲れないポイントがクリアできていれば、あとはすぐに行動に移すことをお勧めします。

また、ライフスタイルに沿った家のイメージが明確にあったことが、スムーズに話が進んだ大きな理由だと感じています。

どんな暮らしをしたいかをはっきりさせて、要望をしっかりと伝えることで、満足のいく家ができました。

オープンハウス公式サイトでは、家のこだわりポイントなどをさらに詳しく掲載しています。

より具体的な体験談を読みたい方は、「

購入体験記Vol.64

」をご覧ください。



目黒区で物件を購入するならオープンハウスがおすすめ!

オープンハウス

目黒区周辺の物件をお探しの方には、オープンハウス公式サイトへの登録がおすすめです。

当サイトに会員登録すると、閲覧できる物件数が大幅に増え、会員限定物件の情報をいち早く得ることができます。

オープンハウスには豊富な不動産の知識を持つスタッフが在籍しており、物件探しのサポートや住まいに関する疑問点などにお答えします。

登録は最短30秒で完了しますので、下記のボタンからぜひ会員登録してみてください。

さらに、オープンハウス公式LINEでも限定物件やお得な情報を毎週配信しているので、友だち登録をして家探しの際の参考にしてみてはいかがでしょうか。

これが結論!

ポイント1

目黒区は新宿駅までは約12分、東京駅へは約20分と短時間で行くことができるのに加えて、渋谷や品川方面といった都心部へのアクセスが良好です。そのため、買い物やおでかけには困らないでしょう。

ポイント2

目黒区は23区の中でも非常に治安が良いエリアとして知られています。駅周辺は賑わっていますが、住宅地は閑静なので住みやすいでしょう。また、自然災害へのリスクも低いため、全体的に安全性が高い街と言えます。

ポイント3

目黒区は治安の良さや公園の多さから、子育て世帯に非常におすすめの街です。子育て支援も充実しているため、いざという時も安心して区の制度を頼ることができます。また、待機児童ゼロという記録も持っているため、小さなお子さまがいても預け先には困りません。

  • 2024年2月時点の内容です。
  

あわせて読みたい関連する記事

「家と暮らしのコラム」新着記事

おすすめのコンテンツ

ページの上部へ