お気に入り物件
0
保存した条件
0
最近見た物件
0
ホーム
ホーム
お役立ちマガジン
家と暮らしのコラム
横浜市港北区の住みやすさは?菊名、日吉本町の住みやすさも解説

横浜市港北区の住みやすさは?菊名、日吉本町の住みやすさも解説

2023年11月29日(水)

目次

港北区は横浜市内でとくに治安が良く、子育て世帯にも人気のエリアです。新幹線・JR・地下鉄の全6路線を利用でき、都内や地方へも気軽にアクセスできます。本記事では、港北区の住みやすさや、子育て支援などについてご紹介します。

そして、港北区で戸建て物件の購入を検討している方には、当サイトへの会員登録がおすすめです。

当サイトに会員登録すると、閲覧できる物件数が大幅に増え、会員限定物件の情報をいち早く得ることができます。

会員登録は30秒ほどで完了いたしますので、ぜひ会員登録してオープンハウス限定物件をご確認ください。

また、オープンハウス公式LINEでも限定物件やお得な情報を毎週配信しているので、友だち登録をして家探しの際の参考にしてみてはいかがでしょうか。

記事監修

加藤 健吾

宅地建物取引士/公認不動産コンサルティングマスター
首都圏10センター以上でのセンター長の他、マーケティング長・総務部長としての経歴も有する。複雑な不動産の資産価値に関し、幅広い知識と経験をもとにアドバイスを提供。

港北区の3つの特徴

特徴

港北区の特徴は下記の通りです。

  • 交通アクセスが良好
  • お買い物やグルメが楽しめる
  • 治安が良くファミリー層に人気のエリア

それぞれ詳しくご紹介します。

①交通アクセスが良好

港北区にある主な駅は、新横浜駅、菊名駅、小机駅、日吉駅などです。

なかでも新横浜駅は新幹線が利用できるため、地方へのアクセスにも便利です。

また、菊名駅や日吉駅からは東急東横線を利用でき、横浜駅や渋谷駅まで気軽に移動できます。

港北区は神奈川県内や東京都内だけでなく、地方への交通アクセスも良好なエリアです。

②お買い物やグルメが楽しめる

港北区は、さまざまなジャンルの店舗があるショッピングモールが複数あるほか、グルメを楽しめるエリアとしても人気です。

例えば、全国的に有名なグルメは横浜家系ラーメンです。

新横浜駅の近くにはラーメン好きにおすすめの新横浜ラーメン博物館があります。

そのほかにも、ファミリーレストランやチェーン店、カフェなど、駅周辺を中心に数多くの飲食店が点在しています。

③治安が良くファミリー層に人気のエリア

港北区はファミリー層の住民が多く、住宅街の治安が良いエリアです。

新横浜駅周辺など、都市開発が進んでいるエリアもありますが、自然が残された公園や川沿いのサイクリングロードなどもあり、住環境が良いといわれています。

なかでも日吉駅付近には大学があり、その周りはファミリー層が多く住む住宅街が広がっているため、安全性が高い街です。

加藤

港北区には交通アクセスが良好な駅が点在しており、周辺の住宅街は治安が良いためファミリー層にも人気のエリアです。お買い物スポットや飲食店が多く、近場でおでかけを楽しめるメリットもあります。新横浜駅からは新幹線を利用できるため、出張が多い方にとっても住みやすいエリアと言えるでしょう。

港北区の交通アクセスの利便性

交通アクセス

港北区にはJRや地下鉄、新幹線を利用できる新横浜駅をはじめ、多数の鉄道駅やバス停が点在しています。

下記の3つの交通の利便性についてご紹介します。

  • 鉄道の利便性
  • バスの利便性
  • 高速道路の利便性

鉄道の利便性

港北区では、下記の路線を利用できます。

  • JR東海道新幹線
  • JR横浜線
  • 東急東横線・目黒線
  • 市営地下鉄ブルーライン線・グリーンライン線

なお、各線を利用できる港北区の駅は、下記のとおりです。

路線 駅名
JR東海道新幹線 新横浜駅
JR横浜線 菊名駅・新横浜駅・小机駅
東急東横線 日吉駅・綱島駅・大倉山駅・菊名駅・妙蓮寺駅
東急目黒線 日吉駅
横浜市営地下鉄ブルーライン 岸根公園駅・新横浜駅・北新横浜駅・新羽駅
横浜市営地下鉄グリーンライン 日吉本町駅・高田駅

例えば、菊名駅からは東急東横線で横浜駅まで約6分、渋谷駅まで約25分でアクセスできます。

出張や旅行が多い方は、新幹線を利用できる新横浜駅にアクセスしやすいエリアに住むと便利でしょう。

バスの利便性

港北区は、鉄道駅にアクセスしづらい場所もありますが、そういったエリアでは下記のような路線バスが発達しています。

  • 東急バス
  • 横浜市営バス
  • 臨港バス

横浜駅・日吉駅・綱島駅などのターミナルと呼ばれる駅まで気軽にアクセスできるため、バス停が近くにあれば困ることはないでしょう。

高速道路の利便性

港北区にある高速道路のインターチェンジは、下記のとおりです。

  • 都筑IC
  • 新横浜出入口

都筑ICは横浜市営地下鉄グリーンライン高田駅から約1.6km、新横浜出入口は横浜市営地下鉄ブルーライン岸根公園駅から約2.2kmに位置します。

車での長距離移動が多い方は、インターチェンジの位置も視野に入れて物件探しをすると良いでしょう。

加藤

港北区は鉄道・バス・高速道路のいずれの交通手段を利用しても利便性が高いエリアです。バスの路線は編み目を描くように発達しているため、鉄道駅から少し離れたエリアでもバス停が近くにあれば困ることは少ないでしょう。

港北区菊名の住みやすさ

住みやすさ

菊名駅ではJR横浜線と東急東横線を利用でき、神奈川県内や都内の移動にとても便利です。

例えば、横浜駅までは約5分、渋谷駅までは約25分で移動できます。

また、駅周辺にはスーパーや商店街があるため、食品や日用品のお買い物には十分でしょう。

住宅街は静かで治安が良いため、子育て世帯にも人気のエリアです。

加藤

菊名駅からは乗り換えなしで都内の主要駅に移動しやすいため、通勤・通学に便利なエリアです。また、子育て世帯が重視するポイントとして、住宅街の治安の良さも挙げられるでしょう。場所によっては坂道が多いという難点があるものの、閑静で治安が良いため、港北区のなかでも住みやすくおすすめです。

港北区日吉本町の住みやすさ

住みやすさ

日吉本町は、駅付近から住宅街が広がるエリアです。

慶應義塾大学があるため、子育て世帯だけでなく多くの学生が暮らしています。

また、駅前には南日吉商店会があり、日用品のお買い物に便利な個人商店やスーパーなどがあります。

利用できる鉄道路線は横浜市営地下鉄グリーンラインです。

横浜駅まで約15分、渋谷駅まで約22分で移動でき、交通アクセスの利便性は高いと言えます。

加藤

日吉本町駅は周辺が住宅街になっているため、繁華街のように人が集まることは少ないでしょう。大学があるため学生は多いですが、大きな犯罪はほとんど起きていません。必要最低限の重瀬が揃っているため、日用品のお買い物には困らないのも嬉しいポイントです。

港北区の公園・おでかけスポット

港北区には、家族連れにおすすめの大きな公園や、観光客にも人気のおでかけスポットがあります。

以下3つのおすすめスポットをご紹介します。

  • 新横浜公園
  • 横浜アリーナ
  • 新横浜ラーメン博物館

新横浜公園

新横浜公園
所在地 横浜市港北区小机町3300
電話番号 045-477-5500
利用可能時間 施設により異なる
入場料 施設により異なる
駐車場 あり(有料)
アクセス JR小机駅より徒歩7分
JR新横浜駅より徒歩14分
横浜市営地下鉄線・相鉄東急新横浜線 新横浜駅より徒歩12分

新横浜公園は、日産スタジアムのすぐそばにある大きな公園です。

入場料は施設により異なりますが、複合遊具がある広場やジョギングコースなど、無料で利用できるエリアも多数あります。

ドッグランもあるため、家族連れやペットを飼っている方におすすめです。

横浜アリーナ

横浜アリーナ
所在地 神奈川県横浜市港北区新横浜3-10
電話番号 045-474-4000
利用可能時間 イベントにより異なる
入場料 イベントにより異なる
駐車場 あり(有料)
アクセス 横浜市営地下鉄ブルーライン 新横浜駅 7番出入口より徒歩4分
JR新横浜駅より徒歩5分

横浜アリーナは、日本最大級の多目的屋内アリーナです。

総面積は約8,000平方メートル、収容可能な人数は約17,000人にのぼります。

アーティストのコンサートや展示会、スポーツイベント、ショーなど、さまざまなイベントが開催されています。

新横浜ラーメン博物館

新横浜ラーメン博物館
所在地 神奈川県横浜市港北区新横浜2丁目14-21
電話番号 045-471-0503
営業時間 日によって異なる
入場料 大人:380円
小・中・高校生:100円
シニア(60歳以上):100円
小学生未満:無料
駐車場 あり(有料)
アクセス JR新横浜駅より徒歩5分

新横浜ラーメン博物館は、世界初のラーメンのフードアミューズメントパークです。

全国各地のラーメン屋が出店しており「飛行機に乗らなくても全国のラーメンが食べられる」と人気を集めています。

内装は昭和らしいレトロな風景が再現されており、ラーメンの歴史も楽しめるスポットです。

加藤

港北区には、観光客からも人気のスポットが多く集まっています。ご紹介した施設はどれも新横浜駅から近く、電車でのアクセスが便利です。とくに遊具が充実している新横浜公園は、家族連れにおすすめのスポットです。

港北区のショッピングモール

港北区には、駐車場を完備したショッピングモールがいくつもあり、一ヶ所でお買い物を済ませたいときに便利です。

なかには駅から徒歩圏内の施設もあり、仕事帰りやおでかけのついでに立ち寄ることもできます。

以下2つのショッピングモールをご紹介します。

  • キュービックプラザ横浜
  • 新横浜プリンスペペ

キュービックプラザ新横浜

キュービックプラザ新横浜
所在地 横浜市港北区新横浜2-100-45
営業時間 店舗により異なる
アクセス 新横浜駅直結
駐車場 あり(有料)

キュービックプラザ新横浜は、ビックカメラ、ユニクロ、GU、LOFTなどの店舗のほか、レストラン街やホテルが出店するショッピングモールです。

JRや地下鉄など、複数の鉄道路線が乗り入れる新横浜駅に直結しています。

また、お土産やお弁当を販売するフロアは朝の5時40分から23時まで営業しているため、新横浜駅から新幹線を利用する方にもおすすめです。

新横浜プリンスペペ

新横浜プリンスペペ
所在地 神奈川県横浜市港北区新横浜3-4
営業時間 10時〜21時
※一部の店舗は営業時間が異なります。
アクセス 東海道新幹線、JR横浜線、市営地下鉄(3番出口)、相鉄・
東急新横浜線(6番出口) 新横浜駅より徒歩2分
駐車場 あり(有料)

新横浜プリンスペペは、各線の新横浜駅から徒歩2分でアクセスできるショッピングモールです。

ファッションや雑貨、インテリア、飲食店、スーパーなど、あらゆるジャンルの店舗が出店しています。

ハロウィンやクリスマスなど、季節に合わせたイベントも開催されており、大人も子どもも楽しめる施設です。

加藤

港北区にはさまざまなお店が集まったショッピングモールが複数あるため、お買い物を一ヶ所で済ませたいときに便利です。

子育て世帯から見た港北区の住みやすさ・魅力

子育て

港北区は、子育て世帯にも人気のエリアです。

その理由として考えられるのが、以下の2点です。

  • 子育て支援が充実している
  • 公園や保育・教育施設が多い

それぞれ詳しくご紹介します。

子育て支援が充実

港北区では、子育てに関する悩みを相談できる場を設けたり、親子で遊べる広場を設置したりなど、子育て世帯への支援が充実しています。

例えば、授乳の悩みに特化した「母乳相談」や、妊娠や出産などの悩みを助産師に相談できる「女性の健康相談」など、さまざまな窓口があります。

子どもの成長に合わせ、出産手続きのサポートやはみがき教室、両親教室などの支援も受けられます。

公園や保育・教育施設が多い

港北区には、ご紹介した新横浜公園をはじめ、網島公園、大倉山公園などの親子で遊べるスポットが充実しています。

また、港北区にある幼稚園は19園、認定こども園は5園です。

そのほかにも、認可保育所が71ヶ所、小規模保育所が19ヶ所あります。

小さな子どもを預ける場所の選択肢が多いほか、教育施設の数が多いため、子育て世帯にとって暮らしやすいエリアと言えるでしょう。

加藤

港北区は、妊娠時から出産後まで、子育てのステージに合わせた支援が充実しています。悩みごとに複数の窓口が設けられているため、子育てで悩みが出てきた場合は気軽に利用してみてください。また、子どもを預ける場所や教育施設が充実している点も、子育て世帯から人気を集める理由の一つと言えます。

港北区はどんな人におすすめ?

おすすめ

港北区は、子育てしやすい街で暮らしたい人や、自然豊かなエリアで暮らしたい方におすすめです。

それぞれの魅力について、詳しくご紹介します。

子育てしやすい街で暮らしたい人

港北区の住宅街は閑静で治安が良く、遊具が充実した公園も複数あるため、子育て世帯が暮らしやすいエリアです。

また、はじめて子育てをする世帯へ向けて、第1子の0歳児とその家族が集まる「港北区赤ちゃんの会」など、区が育児に役立つ情報提供を行っています。

助産師や保健師による家庭訪問も依頼でき、プロから子育てのサポートを受けられます。

生活の利便性が高く、自然豊かなエリアで暮らしたい人

港北区は、交通アクセスの利便性が高い鉄道駅やバス停が点在しているほか、お買い物スポットや飲食店が多く、生活環境が良いエリアです。

また、新横浜駅周辺など、開発が進んでいるエリアもあるなか、公園や川沿いの散歩道などの自然豊かなエリアもあります。

生活の中で自然を感じたいという方は、公園や川の近くで物件を探してみてはいかがでしょうか。

加藤

港北区は子育て支援を徹底しており、相談窓口や助産師・保健師によるサポートを充実させています。はじめて育児をする子育て世帯の方でも、プロのアドバイスを受けられるため、心強いでしょう。また、港北区には自然豊かな一面もあるため、何を重視するかで物件探しのエリアを絞ってみてはいかがでしょうか。

港北区についてよくあるご質問

質問

港北区や横浜市についてよくあるご質問は、下記のとおりです。

  • 港北区の治安はどう?
  • 横浜で住みやすい区はどこ?

それぞれに回答していきます。

横浜港北区の治安はどう?

港北区の犯罪発生率の高さは、横浜市内の18区中16番目です。

住宅街には街灯が整備され、警察官のパトロールが活発なことから、治安は良いと言われています。

新横浜駅や日吉駅などの周辺には学校や企業が集まっており、日中は人が多いですが、住宅街は閑静で住みやすいエリアです。

横浜で住みやすい区はどこ?

横浜市内では、港北区のほかにも青葉区や戸塚区、港南区などの住みやすいエリアがあります。

青葉区には東急田園都市線が通っており、都内へアクセスしやすいことから通勤・通学に便利なエリアといわれています。

そして、戸塚区や港南区は、特にファミリー層に人気の区です。

電車やバスが発達しており、交通アクセスの利便性が高いほか、大型のショッピングモールがあるため、家族でおでかけしたいときに便利です。

加藤

港北区は犯罪発生率が低く、閑静な住宅街が広がっています。主要な駅の周りは人通りが多いですが、若者が多く集まる繁華街のような騒がしさはありません。そのほかにも通勤に便利なエリアやファミリー層に人気のエリアもあるため、地域の特徴を調べると良いでしょう。

オープンハウス購入体験記

実際に、オープンハウスで神奈川県の住宅をご購入いただいたお客様の体験記を紹介します。

購入体験記

<ご購入者様プロフィール>

ご主人様・奥様・お子様

<きっかけと決め手>

オープンハウスの名前はテレビのコマーシャルで知っていました。近所の商業施設で営業されている様子も見たことがあります。そんなこともあって、駅前の営業センターに立ち寄ってみたのがきっかけでした。物件の情報収集ができればという軽い気持ちです。そこで「土地を選ぶポイントは、立地・広さ・価格のバランスです」「100点満点の物件はないので、優先順位をはっきりと」といったアドバイスをいただきました。その直後、「いい物件が出ました」と現在の土地のご連絡をいただいたんです。(ご主人)

同じ町内ですから、住所を聞いただけでだいたいの場所と環境はすぐにわかりました。近所に大型の商業施設もあり、とても住みやすい場所です。広さと価格の点も十分に納得でき、連絡をいただいて即決でした。実は現地も見ないで決めたんです。不安はまったくなく、すぐに契約しました。当時夫が30歳で私が29歳。月々の返済額はマンションの家賃に少し上乗せした程度でした。マイホームの取得は早いほうがいいと実感しています。(奥様)

<これから家を購入する方へのメッセージ>

マイホームなんてハードルが高いと思われがちですが、思い切って決断してよかったです。満足度は200%。家賃とさほど変わらない金額で、これほど納得できる空間を手に入れられたことを喜んでいます。我が家の場合はできるだけ近隣で探したいと決めていたので、物件が出たときにすぐに決めることができました。希望のエリアを含め、ある程度条件は絞っておいたほうが、決断も早くなると思います。

オープンハウス公式サイトでは、家のこだわりポイントなどをさらに詳しく掲載しています。

より具体的な体験談を読みたい方は、

「購入体験記Vol.61」

をご覧ください。



港北区で物件を購入するならオープンハウスがおすすめ!

オープンハウス

港北区には、交通アクセスが良好であることや、子育て支援が充実していることなど、さまざまな魅力があります。

開発が進むエリアもあるなか、自然が多く残っているエリアもあるため、都会から少し離れた場所で暮らしたい方にもおすすめです。

そこで、港北区周辺の物件をお探しの方には、オープンハウス公式サイトへの登録がおすすめです。

当サイトに会員登録すると、閲覧できる物件数が大幅に増え、会員限定物件の情報をいち早く得ることができます。

オープンハウスには豊富な不動産の知識を持つスタッフが在籍しており、物件探しのサポートや住まいに関する疑問点などにお答えします。

登録は最短30秒で完了しますので、下記のボタンからぜひ会員登録してみてください。

さらに、オープンハウス公式LINEでも限定物件やお得な情報を毎週配信しているので、友だち登録をして家探しの際の参考にしてみてはいかがでしょうか。

これが結論!

ポイント1

港北区では、JR東海道新幹線、JR横浜線、東急東横線・目黒線、市営地下鉄ブルーライン線・グリーンライン線を利用できます。とくに新横浜駅には新幹線やJR、地下鉄が通っており、県内や都内、地方にもアクセスしやすいエリアです。

ポイント2

港北区には、新横浜公園などの広々とした公園や、新横浜ラーメン博物館・横浜アリーナなどの人気スポットが集まっています。近場におでかけスポットがあると、家族で休日を過ごす際にも便利でしょう。

ポイント3

港北区は保育施設や教育施設が多く、子育てしやすいエリアです。子育てに関する悩みを相談できる窓口や、子育てをする家庭で交流できる場もあり、区が一丸となって子育て支援を行っています。

  • 2023年11月時点の内容です。
  

「家と暮らしのコラム」新着記事

おすすめのコンテンツ

ページの上部へ