お気に入り物件
0
保存した条件
0
最近見た物件
0
ホーム
ホーム
お役立ちマガジン
家と暮らしのコラム
戸建てが欲しいと思ったら?早めに見学して条件・要望を固めよう!

戸建てが欲しいと思ったら?早めに見学して条件・要望を固めよう!

2021年4月28日(水)

家さがしの知識

目次

一戸建ての購入を考えるときは、実際に完成している新築の戸建てや中古の戸建てを見学してみることが有益です。間取りや広さなどは図面で見るよりも、体感的に確認をするほうがイメージが湧きやすくなります。また、気になったことも直接担当者に質問できるので、疑問点の解消にもつながります。物件を見学するメリットやチェックすべきポイントについて解説します。

戸建て住宅を見学する必要性と持ち物リスト

戸建て住宅を見学する必要性と持ち物リスト

物件探しを行うときは、後悔をしないためにも探し始めの段階で実際に見学をしてみることが重要です。見学するメリットと持っていったほうが便利なアイテムについて紹介します。

戸建てを見学するメリット

物件の情報はネットで調べたり、不動産会社に話を聞きに行ったりすることで得られますが、より詳しい情報を確かめたいときは実際に完成している戸建てを見学するのがおすすめです。

間取り図で家の広さや設備などを知ることはできても、住んだときのイメージは持ちにくいものです。実際に見学をすることで、部屋の広さや仕様設備を具体的に把握できます。たとえば、1坪=2帖(畳2枚分)と頭では理解できていても、目で見たほうが広さを体感できます。注文住宅を建てようとする場合であっても、物件を見学しておいたほうがイメージを持ちやすくなります。

そして、何軒か見学をしてみることで間取りや仕様などを比較しやすくなり、より具体的に条件・要望を固めることができるでしょう。戸建てを買うと決めたら、まずは気になった物件の見学を気軽にしてみることをおすすめします。

見学時に持っていくと便利な持ち物リスト

物件の見学では手ぶらで行っても問題はありませんが、しっかりとチェックするなら持っていくと便利なアイテムがあります。

見学時に持っていくと便利な持ち物リスト

服装については部屋の出入りを頻繁に行うことを考えて、動きやすい服装で出向きましょう。また、見学時にはスリッパが用意されていることが多いですが、マナーとして靴下を履いていったほうが無難です。

見学時にチェックすべきポイント

見学時にチェックすべきポイント

物件を直接見学することで、図面だけでは分からないさまざまな情報を得られます。見学を行うときは建物の内部だけでなく、周辺環境もチェックすることが大切です。どのような点を意識してチェックすべきか解決します。

建物内でのチェックポイント

建物を見学するときは、まず現地を訪れた最初の印象を大事にしてみましょう。感覚的な部分ではありますが、パッと見て「住みたいか」「住みたくないか」を判断することは大切です。

建物内を見学するときは、まず水回り(キッチン・浴室・トイレ・洗面所など)をチェックしてみましょう。中古の物件であれば、設備の老朽化によって水回りの不具合は出やすいものです。見学時には特に問題がなくても、将来メンテナンスが必要になったときに備えて、メーカーを調べておきましょう。

次に日当たりや風通しをチェックするため、窓の位置を確認します。日当たりや風通しの良し悪しは住み心地に影響するため、入念に確認しておきましょう。また、家電の配置に問題がないかを確認するために、コンセントの位置もチェックします。

収納については世帯の人数や荷物量を考慮したうえで、十分に収納できるかを確認しましょう。スペースの広さだけでなく、使い勝手の良い場所に収納ができるかを確認することも大切です。

間取りについては図面で見たときの印象と比べてどうかを判断してみてください。実際に見たときに思ったよりも広く感じたり、逆に狭く感じたりもするものです。

家具などを配置したときのイメージを持ち、生活の動線に問題がないかも確認します。車を所有している場合は、車庫の出し入れに問題がないかもチェックしておきましょう。

周辺環境もきちんと確認しよう

物件の見学では建物の内部にばかり意識が向きがちですが、周辺環境もチェックして実際に住んだときのイメージを持てるようにすることが大切です。担当スタッフに、周辺のスーパーや病院、駅まで案内してもらうと距離感が分かりやすくなります。

また、騒音やにおい、防犯性(帰り道に街灯がある)など目に見えない部分も細かくチェックしてみましょう。日中は静かな場所でも、夜になると騒がしくなってしまうといったケースもあるので、時間帯を変えて確認してみることも大事です。

実際暮らしたときのイメージという点では、現在住んでいるところの近くに家を買う人も多いです。土地勘がある場所ならば、自分の家族がそこで暮らしているイメージを持ちやすいはずです。

どの条件を優先させるかを決めよう

どの条件を優先させるかを決めよう

物件を見学した結果、気に入った部分と気に入らなかった部分をそれぞれ洗い出してみましょう。そして、そのなかでもどの条件が譲れないのかを整理します。また、気に入らなかった部分についても、どの辺までなら妥協できるかを考えてみると、物件選びをスムーズに進められるはずです。

優先順位をつけて納得のいく家を選ぼう

たくさんの物件を見学していると、つい目移りしてしまって、結局どの物件を購入するかを思うように決められなくなる場合があります。どの物件が適しているかは、家族構成やライフプランによって異なるため、優先すべきポイントを整理して家族でしっかりと話し合うことが重要です。

どうしても譲れない条件や要望が出てきた場合は、まずは予算とのバランスを考えましょう。もし予算を超えるのであれば、他の条件・要望での妥協や、ときにはエリアの再検討などが必要になります。

自分で判断しづらいポイントについては、専門家のアドバイスを聞いてみましょう。店舗には宅地建物取引士(宅建士)が常駐しているので、物件の見学後などに相談するのもおすすめです。

変えられない部分は妥協も大事

建物の内装や設備は多少気に入らないところがあっても、後からリフォームで変えることができます。しかし、周辺環境については自分の力では変えられないので、慎重に判断をする必要があります。

特に騒音やにおい、交通量などは生活するうえで許容できるレベルであるかを考えてみましょう。また、市街化調整区域などであれば建築条件に制限が付いてしまう場合があるので、事前に確認しておくことが大事です。

これが結論!

ポイント1

戸建てを買うと決めたらまずは気軽に見学してみよう!

ポイント2

見学することでイメージしやすくなりその後の家探しに役立ちます!

ポイント3

妥協できる部分はどこなのかも考えておきましょう!

  • 2021年3月時点の内容です。
  

気になる項目から、購入可能な家をシミュレーションしてみましょう!

毎月の返済額や現在の家賃など、あなたの知りたい項目から実際にシミュレーションしてみましょう。

前の記事へ 次の記事へ

おすすめのコンテンツ

ページの上部へ