お気に入り物件
0
保存した条件
0
最近見た物件
0
ホーム
ホーム
お役立ちマガジン
家と暮らしのコラム
大田区の住みやすさは?子育て支援やファミリー層から見たメリットも紹介

大田区の住みやすさは?子育て支援やファミリー層から見たメリットも紹介

2023年8月24日(木)

目次

結論からいうと、大田区は東京23区の中でも、非常に住みやすく、子育て世帯にもおすすめの街です。本記事では、大田区の詳しい交通アクセスや商業施設、自治体の子育て支援制度などを解説していきますので、ぜひ家探しの参考にしてください。

東京都大田区で物件をお探しの方には、当サイトへの会員登録がおすすめです。

当サイトに会員登録すると、閲覧できる物件数が大幅に増え、会員限定物件の情報をいち早く得ることができます。

会員登録は30秒ほどで完了いたしますので、ぜひ会員登録してオープンハウス限定物件をご確認ください。

また、オープンハウス公式LINEでも限定物件やお得な情報を毎週配信しているので、友だち登録をして家探しの際の参考にしてみてはいかがでしょうか。

記事監修

染矢 真紀

宅地建物取引士/整理収納アドバイザー1級/フードスペシャリスト/一級衣料管理士
ディスプレイ器具リースの前職を経て、整理収納アドバイザーとして独立。多くの住まいの整理・お片付けをコンサルティングした後オープンハウスに入社。契約後のお客様の引き渡しまでのサポート業務に従事し、2021年度社内賞(顧客満足賞)受賞。お客様の生活スタイルをお伺いした上での的確な提案を得意とする、衣食住のスペシャリスト。

大田区の魅力・特徴5選

大田区の魅力や特徴をご紹介します。

  • ①23区内で最も面積が広い
  • ②商店街が多い
  • ③羽田空港へのアクセスが抜群
  • ④町工場が多い
  • ⑤田園調布などの高級住宅街がある

①23区内で最も面積が広い

大田区は、東京23区の中でも最も面積が広い区です。

その広さゆえに、田園調布などの高級住宅街、蒲田などの繁華街、羽田空港、自然を感じられる公園など、さまざま施設があり多様な顔を持つエリアです。

大田区とひとことで言っても、どのエリアに住むかでその特徴や魅力は異なります。

②商店街が多い

大田区には140の商店街があり、東京23区の中では最多です。

大森・蒲田などの繁華街だけではなく、田園調布には少し贅沢で上品なお店が連なった商店街があったり、大岡山には庶民的で常に活気あふれる商店街が駅前に広がっています。

それぞれのエリアの特徴を反映している商店街は、利便性だけでなく、趣が感じられますね。

③羽田空港へのアクセスが抜群

各道府県、各国から東京への玄関口となる「羽田空港」は、大田区にあります。

羽田空港へは、京急空港線または東京モノレールで直接アクセスでき、蒲田駅からは約30分、大森駅からは約40分、大田区の中でも西側にある田園調布駅からでも、約1時間もあれば移動可能です。

よって大田区は、遠方への出張が多い方、海外との行き来が多い方には非常に便利なエリアです。

④町工場が多い

大田区は京浜工業地帯に属しており、町工場が多くあります。

中には、宇宙航空研究開発機構(JAXA)のロケットの部品を作る高い技術力を有しているとして、世界中から注目される工場もあり、日本の工業を押し上げているのです。

このような歴史ある素晴らしい技術を守るために、大田区ではものづくりの現場を支援するさまざまな助成事業も行われています。

⑤田園調布などの高級住宅街がある

東京の高級住宅街としてよく耳にする「田園調布」は大田区にあります。

その他にも、久が原や山王などの高級住宅街があり、富裕層にも好まれる閑静で落ち着いたきれいな街並みに家を探している方にもおすすめです。

染矢

大田区は東京23区で最も面積が広く、場所によって高級住宅街や繁華街があったり、自然の多い公園があったりなど雰囲気が異なります。また、羽田空港へのアクセスが良く、飛行機を利用することが多い方にはおすすめの地域です。

大田区の交通アクセスの利便性

大田区は、交通アクセスが非常によく、電車やバスに多くの路線が利用できる他、埼玉や神奈川へのアクセスも便利です。

大田区の交通アクセスについて、詳しく解説していきます。

鉄道の利便性

大田区で利用できる路線は、以下の通りです。

  • JR京浜東北線
  • 都営浅草線
  • 東急線(東横線・目黒線・多摩川線・大井町線・池上線)
  • 京急線(本線・空港線)
  • 東京モノレール線

特に蒲田にはJR京浜東北線・東急線が通っているため、渋谷や新宿などの都心部にも約30分、また多摩川や横浜方面へも20分以内に移動できます。

神奈川方面へは東横線、埼玉方面へはJR線、羽田空港へは京急線やモノレールと、他県や空港への移動も不便なく行えます。

<大田区の駅一覧>

駅名 路線
大森駅 JR京浜東北線
蒲田駅 JR京浜東北線・東急多摩川線・京急本線
池上駅 東急池上線
田園調布駅 東急目黒線
北千束駅 東急大井町線
羽田空港第1・第2ターミナル駅 京急空港線
羽田空港第1ターミナル駅 東京モノレール線

バスの利便性

大田区では、都営バス・東急バス・京浜急行バス、そして大田区コミュニティバス「たまちゃんバス」が利用できます。

蒲田・大森エリアから品川方面にかけての路線の他、田園調布・洗足・大岡山・久が原などの住宅街エリアからも、繁華街のある蒲田・大森など東側へ移動できる路線が整備されています。

また、大田区の南東部にある矢口エリアでは、北は下丸子駅、南は矢口小学校あたりまで周回する「たまちゃんバス」が運行しており、地元住民に寄り添った交通整備を行っているのも嬉しいポイントです。

高速道路の利便性

首都高へは、羽田ICや平和島ICが利用でき、遠方への移動もスムーズです。

高速だけでなく、環七通り・環八通りなどの大通りが利用でき、都内での移動もしやすいといえます。

一方で、エリアによっては道が狭く一方通行も多いため、近場の移動であれば電車の方が便利だという声もあります。

公共交通機関と車での移動をうまく使い分ければ、よりストレスが少なく移動できるでしょう。

染矢

交通の利便性はとても良く、大田区には多くの鉄道路線とバスが走っています。普段から公共交通機関を多く利用している方には、とてもおすすめの地域です。また、ICもあるため、車を持っている方は首都高を利用して遠方へ移動することもできます。

大田区の住みやすいエリア7選

大田区の住みやすいエリア7選をご紹介します。

  • ①山王・大森
  • ②蒲田
  • ③池上・馬込
  • ④御嶽山
  • ⑤六郷・雑色
  • ⑥羽田
  • ⑦田園調布

それぞれの特徴を詳しくみていきましょう。

①大森・山王

大田区の繁華街といえば、蒲田と大森。

大森は、西隣の山王と合わせて、特に子育て世代にとって住みやすいエリアです。

大森駅の東側すぐに「まいばすけっと大森山王口店」や「オオゼキ大森駅前店」があります。

大森駅西側には「アトレ大森」があり、スイーツや惣菜のテイクアウト店、雑貨やファッション店、無印良品などが利用でき、生活に必要なものを一式揃えられます。

東京湾や平和の森公園などの自然が広がるエリアも近く、お子様との遊び場所にも困りません。

幼児教室や学習教室も多く、幼少期からお子様の教育に力を入れたい方にもおすすめです。

②蒲田

蒲田は、大田区の中でも中心部といわれ、都心部への交通アクセスも良く、栄えていて利便性が高いエリアです。

駅構内の商業施設である「グランデュオ蒲田」があり、スーパーマーケットやスイーツ店、カフェ、雑貨やファッションなど多様なジャンルの店舗が揃っています。

駅周辺も飲食店や居酒屋、カラオケ、ゲームセンターなどがあり、飲み会や遊ぶ場所には困らないでしょう。

さらに大きな特徴として、都心へのアクセスが便利なことが挙げられます。

JR京浜東北線を利用すれば、品川駅まで約10分、品川から山手線へ乗り換えれば25分ほどで渋谷や新宿へアクセスできます。

横浜への移動もJRで約20分ほどです。

都心部への通勤のためのベッドタウンとしても、利用しやすいでしょう。

③池上・馬込

都心への交通アクセスなどはあまり気にせず、大田区で静かな暮らしをしたい方には、池上・馬込エリアがおすすめです。

周辺に大きな商業施設などはないものの、池上駅前にはスーパーマーケットはもちろん、惣菜やスイーツなどのテイクアウト店もあるため、日常の買い物に不便を感じることはありません。

五重塔が特徴の池上本門寺もあり、歴史や風情を感じながら落ち着いた暮らしができます。

とはいっても、繁華街のある蒲田には蓮沼を挟んで2駅、5分程度で移動できるため、少し足を伸ばせば気軽にショッピングを楽しめるでしょう。

④御嶽山

御嶽山は、東急池上線を利用すれば五反田や渋谷など都心へのアクセスも良く、駅周辺には「イオンスタイル御嶽山駅前」やドラッグストア、飲食店などが並んでおり、オールラウンダー的なエリアといえます。

また、駅の近くに大田区の文化財である「御嶽神社」があり、駅近とは思えない落ち着いた雰囲気を味わうことができます。

御嶽山駅から東に徒歩10分程度の場所にある東調布公園は、野球場とプールがある広大な公園で、子育て世代も重宝するでしょう。

⑤六郷・雑色

六郷・雑色エリアは、蒲田の南、川崎市との境目にあるエリアで、多摩川の河川敷も近く広大な自然を感じることができます。

周辺に大きな商業施設などはないものの、JR京急本線の雑色駅東側にある「雑色商店街」は、大田区でも最大級の賑やかさで、古き良き個人商店も多く営業されています。

京急本線を利用すれば品川へは約15分で移動でき、羽田空港へも約12分と非常に便利です。

⑥羽田

羽田空港のイメージが強く、住む場所として選択肢に入りにくい羽田ですが、実は古き良き落ち着いた街並みも多く、暮らしやすいエリアです。

羽田エリアでおすすめなのは、京急空港線が通る穴守稲荷駅〜大鳥居駅〜糀谷駅あたり。

特に糀谷駅は周辺施設も豊富で、蒲田駅にも羽田空港にも近く、駅前にはおいで通り糀谷商店街という古き良き情緒溢れる商店街があります。

羽田エリアの利点はなんといっても羽田空港への近さでしょう。

遠方への出張が多い方、羽田空港周辺で勤務されている方におすすめです。

⑦田園調布

大田区内でも最も西側に位置する田園調布エリアは、都内屈指の高級住宅街です。

とにかく綺麗に整備された街並みで、東急目黒線沿いの美しい桜並木も有名です。

田園調布駅の南側すぐには東急ストアや東急スクエアがあり、食料品はもちろん、雑貨や衣料品、日用品も全て揃います。

多摩川台公園や、多摩川の河川敷も近く子供が広々と遊ぶのにもピッタリです。

高級住宅街での物件をお探しの方は、ぜひ田園調布をご検討ください。

染矢

大田区には住みやすいエリアが多数存在します。生活に求めるものや、ライフスタイルと相談しながら、自分にピッタリの地域を選ぶと良いでしょう。

大田区の公園

大田区は23区最大の面積を誇るだけあり、子育て世代に嬉しい広大な公園も多くあります。

ここでは以下の3つをご紹介します。

  • 平和の森公園
  • 洗足池(せんぞくいけ)公園
  • 大森ふるさとの浜辺公園

平和の森公園

所在地 東京都大田区平和の森公園2-1
電話番号 03-3766-1607
利用可能時間 フィールドアスレチック:9:30〜15:00
テニスコート:7:00〜21:00(12月〜2月は20:00まで)
入場料 ・フィールドアスレチック
高校生以上:360円、小中学生:100円

・テニスコート
平日:1,800円〜(2時間あたり)
土日祝:3,600円〜(2時間あたり)
ナイター照明料:600円〜(1時間あたり)
駐車場 186台(公園脇:143台、環七下:43台)
アクセス 京浜急行「平和島駅」から徒歩約10分
「JR大森駅」東口→森ヶ崎行きバスで「平和島駅」から徒歩約10分

平和の森公園は、平和島駅の西側、環七通りを挟んで南北に広がる広大な公園です。

フィールドアスレチックコースに加えて、テニスコート・相撲場・弓道場などのスポーツ施設もあり、お子様連れで休日を楽しんだり、友人同士でスポーツの自主練をすることもできます。

駐車場も整備されていてアクセスも便利です。

洗足池(せんぞくいけ)公園

所在地 東京都大田区南千束2-14-5
電話番号 03-3726-4320
利用可能時間 24時間
入場料 無料
駐車場 なし
アクセス 東急池上線「洗足池駅」から徒歩2分

洗足池公園は、洗足池を囲む自然豊かな公園です。

池の周りは散歩やランニングコースにも最適で、子供広場ではお子様と一緒に遊ぶこともできます。

貸しボートもあり、自然や池の涼しさを感じて普段とは違う経験ができるのも良いですね。

大森ふるさとの浜辺公園

所在地 ふるさとの浜辺公園1-1
電話番号 03-3768-6204
利用可能時間 ふるさとの広場エリア:24時間
浜辺エリア:5:30〜21:00
入場料 無料
駐車場 143台
アクセス 京浜急行線平和島駅から徒歩15分
京浜急行線大森町駅から徒歩15分
JR大森駅から平和島循環バス「平和島五丁目」徒歩3分
JR大森駅か蒲田駅から大森東五丁目行きバス終点徒歩4分

大森ふるさとの浜辺公園は、浜辺で磯遊び・水遊び・簡単なマリンスポーツもできる公園です。

広場には全長30mのローラースライダーやブランコがあり、お子様の遊び場としても楽しめます。

駐車場も143台あります。休日は混んでいることもありますが、大田区に住めば混雑時を避けて楽しむこともできます。

染矢

広い面積を誇る大田区には、都内にも関わらず多くの公園があります。休日に家族で行き、アスレチックや広場で子どもと一緒に思い切り遊ぶのも良いでしょう。自然を感じながら、ゆっくりと休憩することもできます。

大田区の商業施設・商店街

大田区は、繁華街である蒲田・大森を中心に大きな商業施設があります。

また、多摩川付近の雑色駅には賑やかな商店街もあり、下町の良さも感じられるでしょう。

ここでは、以下の商業施設・商店街をご紹介します。

  • グランデュオ蒲田
  • アトレ大森
  • 雑色商店街

グランデュオ蒲田

所在地 東京都大田区西蒲田7-68-1
営業時間 ・ショップ
平日・土曜:10:00~21:00
日曜・祝日:10:00~20:30

・レストラン
11:00〜22:00
最寄りの駅 JR京浜東北線・東急池上線「蒲田駅」
駐車場 東館立体駐車場:30台
大田区営アロマ地下駐車場:297台

グランデュオ蒲田は、東館と西館、地下1階から9階まである大型の商業施設です。

JR京浜東北線の蒲田駅からは直結で、通勤のついでに一通りの買い物を終えることができます。

ファッションや雑貨、書店、レストランまで全てのジャンルが揃っているため、日々の買い物から休日の家族でのお出かけなど、使い勝手もさまざまです。

アトレ大森

所在地 東京都大田区大森北1-6-16
営業時間 ・アトレ大森
ショッピングフロア:10:00~21:00
地下1階 東急ストア:7:00~24:00
レストランフロア:11:00~22:30

・アトレ大森2
ショップにより異なる
最寄りの駅 JR京浜東北線「大森駅」
駐車場 160台

アトレ大森は、地下1階から6階まである大きな商業施設で、JR京浜東北線の大森駅から直結です。

地下一階の東急ストア(スーパーマーケット)が7:00から深夜24:00まで空いているのも嬉しいポイント。

ファッションや雑貨、フードの種類も豊富で、自分や家族へのご褒美にちょっといいものを買って帰りたいときにも使えます。

雑色商店街

所在地 東京都大田区仲六郷2-28-18
営業時間 店舗により異なる
最寄りの駅 京急本線「雑色駅」
駐車場 なし

雑色商店街は、大田区で最大の店舗数を誇る商店街です。

京急本線雑色駅の西側にあり、アーケードになっているため雨の日でも快適に買い物ができます。

食料品や飲食店だけでなく、病院や美容室、金融機関もあり、全ての用事がこの商店街一つで済んでしまうほど充実しています。

昔ながらのお店も残っていて、下町情緒を好む方にもおすすめです。

染矢

大田区には大型の商業施設だけでなく、商店街もあります。活気溢れる商店街では、都内にいながらも下町情緒を感じることができるでしょう。買い物だけでなく、休日のお出かけ先にもおすすめです。

大田区は子育てしやすい?ファミリー層から見たメリット

大田区では、共働き世帯やひとり親世帯にも嬉しい子育て支援制度が充実しており、子育てしやすいエリアです。

その特徴を詳しくみていきましょう。

子育てに特化した支援が充実している

大田区では、子育て世帯やひとり親を支援する施策が整備されています。

金銭面での支援だけではなく、地域の支援員が保護者の代わりに赤ちゃんのお世話をする養育支援家庭訪問事業「ゆりかご」、一時保育室「キッズな大森」など、複数の子育て・子供に関する支援が行われています。

そんな大田区の真摯な取り組みの結果、2022年には保育園の待機児童0を2年連続で達成しており、子育て世帯が暮らしやすいエリアであることが明らかです。

大田区の子育て支援の内容について、詳しくは以下をご覧ください。

大田区:子育て、子どもに関する支援

教育機関や医療機関が多い

大田区には、小児科系のクリニック・病院が約120件、歯科医院が約493件、耳鼻咽喉科が約53件と医療機関も豊富です。

参考:

https://doctorsfile.jp/

また、教育機関も豊富で、幼児教室や学習塾が多く、教育に力を入れたい世帯にも人気です。

上記の理由から、大田区は子育てしやすく、子育て世帯が住みやすいエリアだといえます。

染矢

大田区では子育て支援が充実しており、子育て世代はもちろん、ひとり親でも安心して暮らすことができます。また、医療機関も多く、いざというときに安心です。

大田区はどんな人におすすめ?

大田区の交通アクセスや商業施設、子育て支援制度などについて解説してきました。

これらを踏まえ、大田区はどんな人におすすめのエリアなのか、詳しく解説していきます。

子育てしやすい街で暮らしたい人

子育てしやすい街で暮らしたいなら、大田区は非常にメリットが多いです。

特に、共働き世帯や、ひとり親世帯には、2年連続待機児童0という実績から大田区のお住まいを検討される方も少なくありません。

都心へのアクセスが良い上に自然も豊かな点も、子育てに嬉しい特徴です。

繁華街の近くに暮らしたい人

大田区には、蒲田や大森などの栄えた繁華街があります。

コンビニ、スーパーマーケット、飲食店、ゲームセンター、カラオケなど、駅前で休日を1日中過ごせるほど施設が充実しています。

さらに、都心部へのアクセスも良好なため、ベッドタウンとして住みながらも便利な繁華街に住みたい方にも非常におすすめです。

染矢

大田区は子育て世代にはとてもおすすめの街です。共働きやひとり親であれば、待機児童0を誇る大田区への移住を検討しても良いでしょう。また、繁華街の周辺に住みたい人にもおすすめできます。

大田区についてよくあるご質問

大田区の特徴や住みやすさについて解説してきました。

ここからは、大田区の物件を検討するにあたり、実際によくお客様からいただく質問をまとめましたので、ぜひ参考にしてください。

大田区はなぜ人気なの?

大田区が人気な1番の理由は「交通アクセスの良さ」です。

上述の通り大田区には鉄道だけで10もの路線が通っており、都心部・羽田空港・横浜や埼玉へのアクセスも良好です。

例えば蒲田から品川へは10分程度で移動できたり、横浜へも20分かかりません。

その他、東京湾や多摩川が近いため、自然を感じられるという意見も多いです。

大田区内で「住みたくない」と言われるエリアは?

大田区内でも治安の良し悪しは異なります。

最も住みたくないと言われるエリアは蒲田エリアだと言われています。

蒲田駅周辺は、商業施設や飲食店が多く、交通アクセスも良いため非常に利便性の高いエリアです。しかし、パチンコ店や消費者金融も多く、特に夜間は騒がしいので、治安が悪いと感じる方も多いようです。

蒲田エリアを希望される際は、夜間の状況を確認してみるとともに、駅前から少し離れた場所にするなどの工夫をしてみると良いでしょう。

大田区の治安は良い?

区名 犯罪発生率
練馬区 0.00393
杉並区 0.00397
文京区 0.00397
世田谷区 0.00401
目黒区 0.00477
板橋区 0.00479
葛飾区 0.00501

大田区

0.00501

品川区 0.00506
江戸川区 0.00523
荒川区 0.00530
足立区 0.00532
江東区 0.00534
北区 0.00548
中野区 0.00566
墨田区 0.00708
港区 0.01019
豊島区 0.01063
台東区 0.01240
渋谷区 0.01320
新宿区 0.01413
中央区 0.01510
千代田区 0.03032

令和4年度の警視庁データ

によると、大田区の犯罪発生率の低さは東京23区中8位で、比較的治安が良い地域です。

田園調布・久が原などの閑静な高級住宅街も多く、街並みは整備されていて安心して暮らせます。

ただし、蒲田駅周辺は飲み屋やパチンコ店なども多く、大田区の中でも比較的治安は良くないエリアだといえます。

子育て世帯や女性で一人暮らしの方などは、気をつけましょう。

染矢

交通の利便性から人気の高い大田区ですが、蒲田駅周辺はあまり治安が良いとはいえません。少しでも不安に思われた方は、駅から離れた場所か、整備された閑静な住宅街を選ぶようにしましょう。

大田区で物件を探すならオープンハウスがおすすめ!

大田区で戸建て物件を探すなら、オープンハウスがおすすめです。

オープンハウスでは、駅やエリア、間取りや設備など詳細の条件で物件を検索できます。

また、会員登録していただくと、会員様限定公開の物件情報を閲覧できるため、より幅広い物件検索が可能です。

物件探しは情報収集が肝となります。会員登録は約30秒で行えるため、ぜひこの機会にご登録ください。

オープンハウス公式LINEでは、お得な情報や限定物件の情報を定期的に配信していますので、友だち登録をして、物件探しに役立ててみてはいかがでしょうか。

これが結論!

ポイント1

大田区の住みやすさの理由として最も多いのが交通アクセスの良さです。JR・東急・京急など全10路線が通り、首都圏へのアクセスも神奈川や埼玉方面へのアクセスも便利です。

ポイント2

大田区では、子育て世帯を支援する制度や取り組みが充実しています。2022年には2年連続待機児童0を記録しており、今後の取り組みにも期待できます。

ポイント3

大田区には、日本屈指の高級住宅街「田園調布」があり、他にも久が原や山王も閑静な住宅街として人気です。街並みも綺麗に整備されており、治安を心配されている方にもおすすめです。

  • 2023年8月時点の内容です。
  

「家と暮らしのコラム」新着記事

おすすめのコンテンツ

ページの上部へ