お気に入り物件
0
保存した条件
0
最近見た物件
0
ホーム
ホーム
お役立ちマガジン
家と暮らしのコラム
東京都豊島区の治安・住みやすさは?住みたくない人の理由は?

東京都豊島区の治安・住みやすさは?住みたくない人の理由は?

2023年9月13日(水)

目次

豊島区は、東京23区の西部に位置するエリアです。面積は13.01平方キロメートルで、都内屈指の繁華街である池袋がありますが、住宅が密集しているエリアでもあります。これから豊島区に居住を検討している方にとって、治安の良さやお出かけスポットなどは気になるところでしょう。本記事では、豊島区の魅力や特徴、治安、住みやすさなどを解説します。豊島区への居住を検討している方は、ぜひご一読ください。

そして、豊島区で物件をお探しの方には、当サイトへの会員登録がおすすめです。

当サイトに会員登録すると、閲覧できる物件数が大幅に増え、会員限定物件の情報をいち早く得ることができます。

会員登録は30秒ほどで完了いたしますので、ぜひ会員登録してオープンハウス限定物件をご確認ください。

また、オープンハウス公式LINEでも限定物件やお得な情報を毎週配信しているので、友だち登録をして家探しの際の参考にしてみてはいかがでしょうか。

記事監修

加藤 健吾

宅地建物取引士/公認不動産コンサルティングマスター
首都圏10センター以上でのセンター長の他、マーケティング長・総務部長としての経歴も有する。複雑な不動産の資産価値に関し、幅広い知識と経験をもとにアドバイスを提供。

東京都豊島区の3つの魅力・特徴

豊島区

豊島区の特徴は、主に以下のとおりです。

  • 買い物に便利な池袋から、高級住宅街までさまざま
  • 都心部、埼玉・神奈川へのアクセスが良好
  • ファミリー層が暮らしやすい

あらかじめ豊島区の特徴や魅力を理解しておけば、より豊島区について詳しくなり、住んだときのイメージが湧くでしょう。

それでは、順番に解説します。

①買い物に便利な池袋から、高級住宅街までさまざま

豊島区の中心地として挙げられるのが池袋です。

駅前には、PARCOや東武ストアなど、大型商業施設がたくさんあり、買い物に困ることはありません。

また、池袋駅以外にも、目白駅や大塚駅などの周辺にはスーパーマーケットやドラッグストアなどが多数あり、毎日の買い物に便利なエリアです。

さらに、目白エリアは高級住宅街として有名で、綺麗な街並みを楽しめます。

②都心部、埼玉・神奈川へのアクセスが良好

交通の便が良く、都心部や埼玉・神奈川へのアクセスがしやすい点も豊島区の魅力です。

山手線が通っているため、渋谷や新宿、東京駅などの主要駅に1本で移動できます。

また、池袋駅には埼京線やJR湘南新宿ラインなど、埼玉や神奈川方面へ移動できる電車も走っています。

通勤や通学がしやすいのはもちろん、地方への出張や旅行もしやすいでしょう。

③ファミリー層が暮らしやすい

豊島区は、ファミリー層が暮らしやすいエリアです。

繁華街がある池袋をイメージする方も多いですが、池袋駅から離れたエリアには、閑静な住宅街が広がっています。

子どもが遊べる公園が多くあり、子育てしやすい地域も存在します。

特に目白や大塚は、治安が良いエリアと言われており、ファミリー層に向いているでしょう。

加藤

豊島区には池袋駅があるため、買い物環境や交通アクセスは抜群です。賑やかなイメージがありますが、目白や大塚は治安が良く、子育て世帯でも安心して暮らすことができます。

東京都豊島区の交通アクセスの利便性

豊島区交通

豊島区は、都心から少し離れていますが、都心部へアクセスしやすい駅も存在します。

本項では、以下3つの交通の利便性についてご紹介します。

  • 鉄道の利便性
  • バスの利便性
  • 高速道路の利便性

それでは、順番に解説します。

鉄道の利便性

豊島区には、主に以下の路線が通っています。

  • JR山手線
  • JR埼京線
  • JR湘南新宿ライン
  • 西武池袋線
  • 東京メトロ丸の内線
  • 東京メトロ有楽町線
  • 東京メトロ副都心線
  • 東武東上線

山手線や東京メトロを利用すれば、都心の主要駅まで乗り換えなしか、1回の乗り換えで移動できるため、電車で出かける機会が多い方には便利なエリアです。

また、埼京線や東武東上線を使えば埼玉方面へアクセスでき、JR湘南新宿ラインは神奈川方面へ、西武池袋線は西東京エリアへ移動できます。

都心だけではなく、東京郊外や埼玉、神奈川にもスムーズに移動でき、交通の利便性は高いといえるでしょう。

バスの利便性

豊島区には、コミュニティバス「IKEBUS(イケバス)」が走っています。

池袋駅周辺のエリアを巡回しているバスで、真っ赤な車体とカラフルな内装が特徴です。

以下2つのルートがあり、「電車は通っていないけれど池袋駅から少し離れた場所に用事がある」という場合におすすめできます。

<IKEBUSの運行ルート>

ルート バス停
Aルート ・池袋駅東口
・サンシャインシティ西
・サンシャインシティプリンスホテル
・イケ・サンパーク
・東池袋駅
・豊島区役所
・南池袋公園
・池袋駅東口
Bルート ・池袋西口(中央)
・東京芸術劇場
・ホテルメトロポリタン
・東通り
・豊島区役所
・東池袋駅
・イケ・サンパーク
・サンシャインシティプリンスホテル
・サンシャインシティ西
・Hareza池袋
・池袋駅西口(北)

車両後部には車いす用昇降機を装備しているほか、排気ガスを出さない電気バスで、人にも環境にもやさしいつくりとなっています。

高速道路の利便性

豊島区には高速道路もあり、車を持っている方であれば都心部はもちろん、地方にも簡単にアクセスできます。

豊島区にある高速インターチェンジは、以下の通りです。

  • 南池袋出入口(IC)
  • 熊野町出入口(IC)
  • 東池袋出入口(IC)
  • 北池袋出入口(IC)
  • 西池袋出入口(IC)

このように、豊島区には多くのインターチェンジがあります。

中央道や東名高速、東北道などへ出やすく、埼玉方面や神奈川方面、山梨方面にもスムーズに移動できます。

加藤

都心から多少離れているものの交通の便は良く、都心の主要駅だけではなく、県外にも手軽にアクセスできます。また、インターチェンジもあるため、自家用車での遠出もしやすいのが魅力です。

東京都豊島区の公園・お出かけスポット

豊島区には、主に以下のようなお出かけスポットがあります。

  • 豊島区立南池袋公園
  • サンシャイン水族館
  • NAMJATOWN(ナンジャタウン)

それでは、順番に解説します。

豊島区立南池袋公園

豊島区立南池袋公園
所在地 〒171-0022 東京都豊島区南池袋2-21-1
電話番号 03-3981-1111
利用可能時間 8時〜22時
入場料 なし
駐車場 なし
アクセス 池袋駅東口 徒歩5分

豊島区立南池袋公園は、池袋駅近くにある豊島区を代表する大きな公園です。

広場にある芝生では、季節に合わせて夏向きの品種と冬向きの品種を交互に育てているため、1年中美しい緑を楽しめます。

天気の良い日には、多くの人が芝生のじゅうたんに寝転がったり、座ったりしてくつろいでいます。

さらに、園内にはソメイヨシノや山桜などの花もあり、春はお花見スポットとしても有名です。

サンシャイン水族館

サンシャイン水族館
所在地 〒170-8630 東京都豊島区東池袋3-1 サンシャインシティ ワールドインポートマートビル 屋上
電話番号 03-3989-3466
利用可能時間 9:00 - 21:00(年中無休)
入場料 大人(高校生以上):2,600~2,800円
こども(小学生・中学生):1,300~1,400円
幼児(4歳〜):800〜900円
駐車場 あり
アクセス 池袋駅徒歩8分

サンシャイン水族館は、池袋に位置するサンシャインシティ ワールドインポートマートの屋上にある水族館です。

屋上という立地を活かして展示している「天空のペンギン」をはじめ、天空のオアシスをコンセプトとしています。

エサやり体験や、普段は見られないバックヤードの体験などのアクティビティもあり、お子さんはもちろん大人も楽しめるでしょう。

NAMJATOWN(ナンジャタウン)

ナンジャタウン
所在地 〒170-0014 東京都豊島区東池袋3丁目1−3 サンシャインシティ・ワールドインポートマートビル 2F
電話番号 050-5835-2263
利用可能時間 10:00〜21:00
入場料 大人(高校生以上):3,700円
こども(小学生・中学生):2,900円
駐車場 あり
アクセス 池袋駅徒歩8分

NAMJATOWN(ナンジャタウン)は、池袋サンシャインタウン内にある屋内型テーマパークです。

園内は4つの街で構成されており、レトロな雰囲気や絵本の世界のような空間を楽しめます。

アトラクションがたくさんあるため、お子さんは思う存分楽しめるでしょう。

屋内施設なので、雨の日のお出かけスポットとしてもおすすめです。

加藤

豊島区では公園だけでなく、水族館やテーマパークがあり、大人も子供もお出かけを楽しむことが可能です。天気の良い日には公園、雨の日には屋内施設といった使い分けをすると良いでしょう。

東京都豊島区のショッピングモール・商店街

豊島区には、さまざまなお出かけスポットが存在します。

ここでは、区内でおすすめのショッピングモールや商店街を3つご紹介します。

  • サンシャインシティ
  • 池袋パルコ
  • 巣鴨地蔵通り商店街

それでは、順番に解説します。

サンシャインシティ

サンシャインシティ
所在地 〒170-8630 東京都豊島区東池袋3-1
営業時間 ショッピング 10:00~20:00
レストラン 11:00~22:00
最寄りのバス停 池袋駅
駐車場 あり

サンシャインシティは、池袋にある大型複合商業施設です。

展望台や屋内テーマパーク、水族館などが入っているので、子供から大人まで1日中楽しめる施設となっています。

アパレルショップや飲食店なども多数あるため、ショッピングや食事だけでも楽しめるスポットです。

お休みの日に家族で訪れるのにおすすめできるでしょう。

池袋パルコ

池袋パルコ
所在地 〒171-8557東京都豊島区南池袋1-28-2
営業時間 本館 11:00〜21:00
P'PARCO 11:00〜21:00
レストラン 11:00〜最大23:00
最寄りのバス停 池袋駅
駐車場 なし

池袋パルコは、池袋駅東口に位置する商業施設です。

ファッションや生活雑貨、レストランなどさまざまな店舗が入っており、気軽に買い物や外食を楽しめます。

夏には、屋上でビアガーデンが開催され、多くの人が訪れます。

駅から徒歩約2分と、アクセスが良い点も魅力です。

巣鴨地蔵通り商店街

巣鴨地蔵通り商店街
所在地 〒170-0002 東京都豊島区巣鴨4-22-8
営業時間 7:00〜23:00
最寄りのバス停 巣鴨駅前
駐車場 なし

巣鴨地蔵通り商店街は、JR巣鴨駅から徒歩5分圏内にある商店街です。

約200店舗が立ち並んでおり、洋菓子屋やパン屋、煎餅屋など地元密着型の店舗が多くあります。

連日、多くの人で賑わっており、買い物環境も整っています。

生活必需品を安く抑えたい方は、一度訪れてみるのがおすすめです。

加藤

サンシャインシティでは買い物だけでなく、食事や展望台、水族館など、楽しむことのできる施設が一通り揃っています。休日に家族や恋人と出かければ、充実した時間を過ごせるでしょう。また、商店街もあるので、地域のお店で買い物したい方は必見です。

子育て世帯から見た東京都豊島区の住みやすさ・魅力

子育て世代

豊島区には子育てに適したエリアもあり、子育て世帯にも人気があります。

その理由として、以下のような実績や支援制度があることが挙げられます。

  • 待機児童0、保育サービス利用率1位
  • 認可外保育所の差額補助
  • 多くの教育機関がある

それぞれ詳しく解説します。

待機児童0、保育サービス利用率1位

豊島区は、待機児童0、保育サービス利用率1位であることが大きな特徴です。

平成25年には270名まで増加していた待機児童は、私立認可保育所を積極的に誘致したことにより、令和2年度以降はゼロとなっています。

保護者は安心してお子さんを保育園に入所させられるため、仕事と育児をうまく両立できるでしょう。

認可外保育所の差額補助

認可外保育所の差額補助が出ることも、子育て世帯からみる豊島区の魅力です。

豊島区では、少子化が進んでいる背景や、幼児期の教育、保育の重要性を考慮し、子育て世帯の経済的負担を軽減する目的で差額補助を行っています。

保育の必要性がある3歳児から5歳児の子どもが主な対象となり、月額37,000円を上限として利用料が無償となります。

多くの教育機関がある

豊島区には、以下のように多くの教育機関があります。

  • 小学校:22校
  • 中学校:8校
  • 高校:16校

教育機関が多ければ、お子さんの興味や能力、家庭の教育方針に合った学校が見つかりやすいでしょう。

お子さんの個性を伸ばせるよう、学校選びにこだわりたい方にも豊島区はおすすめです。

加藤

待機児童数0を誇る豊島区なら、保育園に子供を入れられるか不安を抱いている方でも安心して暮らすことができるでしょう。また、学校も多く、将来的に子供に合った学校選びもできるのがポイントです。

東京都豊島区の住みやすさランキングTOP5

豊島区の住みやすい街は、主に以下の通りです。

  • 池袋駅
  • 目白駅
  • 駒込駅
  • 大塚駅
  • 雑司が谷駅

順番に解説します。

池袋駅

池袋駅

池袋駅には、以下8路線が通っています。

  • JR山手線
  • JR埼京線
  • JR湘南新宿ライン
  • 東京メトロ丸の内線
  • 東京メトロ有楽町線
  • 東京メトロ副都心線
  • 西武池袋線
  • 東武東上線

池袋駅を利用すれば都心部へ気軽にアクセスできるため、通勤や通学に便利です。

繁華街エリアは治安があまり良くありませんが、駅から少し離れると閑静な住宅街が広がっているため、穏やかに過ごせるでしょう。

また、池袋駅周辺にはスーパーやコンビニ、大型商業施設が複数あり、買い物環境も抜群です。

目白駅

目白駅

目白駅は、JR山手線を利用できる駅です。

1路線しか乗り入れていないものの、渋谷駅や新宿駅、東京駅など都心の主要エリアには1本で移動できます。

駅周辺には、「クイーンズ伊勢丹」や「KINOKUNIYA Sutto」などのスーパーがあり、買い物に困りません。

さらに、目白駅周辺は豊島区の中でも高級住宅街として知られており、住民の民度が高いため、治安も良い傾向があります。

駒込駅

駒込駅

駒込駅では、以下2つの路線を利用できます。

  • JR山手線
  • 東京メトロ南北線

どちらも都心部へのアクセスは良いため、行く場所によって使い分けることが可能です。

また、駒込エリアは商店街が多く、下町の雰囲気を感じられます。

商店街の中には24時間営業しているスーパーがあり、仕事で夜遅くなったときも気軽に立ち寄れます。

生活に必要なものを安価に購入できるエリアのため、経済的な負担を減らして暮らしたい方にはおすすめです。

大塚駅

大塚駅

大塚駅は、JR山手線を利用できる駅です。

都心部のどのエリアにも行きやすく、交通の利便性は高いと言えます。

池袋と巣鴨の間にあるエリアですが、街並みは落ち着いており、のどかに暮らすことができます。

街灯が多く、夜道も安全に歩けるため、安全性を重視する方に特におすすめのエリアです。

スーパーやコンビニも多数あり、生活の利便性が高い点も魅力といえるでしょう。

雑司が谷駅

雑司が谷駅

雑司が谷駅は、東京メトロ副都心線が通っている駅です。

池袋駅や新宿駅に15分以内でアクセスでき、通勤・通学はもちろん、休日に家族で出かけるにも便利な地域です。

都心部に近いエリアですが、閑静な住宅街が広がり、落ち着いた雰囲気があります。

24時間営業の「miniピアゴ」が近くにあるため、買い物環境も整っています。

繁華街がなく治安も良いため、安心して暮らせるでしょう。

加藤

駅によって利用できる路線が違うため、自分のライフスタイルに合わせたエリアを選ぶと良いでしょう。いずれのエリアも買い物の利便性は高く、生活には困りません。

東京都豊島区に住みたくない人の理由は?

池袋西一番街

交通の利便性が高く、治安の良いエリアが多い豊島区ですが、豊島区に住みたくないという方も一定数います。

その理由として挙げられるのが、治安が悪いエリアがあるからです。

池袋駅周辺は、東京都内でも有数の繁華街エリアであり、治安が良いとは言えません。

酔っ払っている人が多くいたり、キャッチの人が立っていたりするなど、池袋周辺の治安のイメージが先行しているため、豊島区に住みたくないと思われているのでしょう。

しかし、池袋から離れたエリアは、閑静な住宅街がほとんどで、治安は問題ありません。

豊島区で落ち着いて暮らしたい方は、池袋以外の地域で居住を検討するのがおすすめです。

加藤

繁華街エリアは人が多く、居酒屋も集まっているため、治安が悪くなりやすいです。特に池袋は治安が悪いと言われることが多いため、少しでも不安な方は、駅から離れたエリアを選ぶと安心でしょう。

東京都豊島区はどんな人におすすめ?

サンシャインシティ

豊島区は、主に以下の人が居住するのに向いています。

  • 子育てしやすい街で暮らしたい人
  • お出かけスポットが充実した街で暮らしたい人

それでは、順番に解説します。

子育てしやすい街で暮らしたい人

豊島区は、子育てがしやすいエリアと言われており、子育て世帯におすすめです。

待機児童がゼロで保育サービスの利用率が高いため、安心してお子さんを預けられます。

また、認可外保育所の差額補助をうまく活用すれば、経済的な負担を抑えながら育児ができるでしょう。

お出かけスポットが充実した街で暮らしたい人

豊島区は、池袋を中心にお出かけスポットが多いエリアです。

池袋にあるサンシャインシティには、屋内テーマパークや水族館、プラネタリウムなどさまざまなレジャー施設があり、休日に家族で出かけるのにおすすめです。

ほかにも、PARCOや東武百貨店などがあり、買い物をするにも適しています。

加藤

まだ小さなお子様がいる家庭には、豊島区はおすすめです。保育に関する支援が充実しているため、安心して子育てすることができます。また、買い物や遊びを楽しみたい方にもおすすめのエリアです。

豊島区についてよくあるご質問

質問

最後に、豊島区に関するよくある質問の回答をします。

以下2つの内容をぜひ参考にしてみてください。

豊島区の課題は?

豊島区が掲げている課題として、「池袋の印象が強く、その他の豊島区の地域(駒込・巣鴨・大塚・目白等)の PR が不足している」ということが挙げられています。

実際に、豊島区は池袋のイメージが先行してしまい、「治安が悪い」と思われがちです。

目白や巣鴨などにも魅力的な場所や街並みは多くあるため、豊島区には池袋以外の魅力も伝える必要があるでしょう。

豊島区で治安が悪いエリアはどこですか?

豊島区で治安が悪いとされているエリアは、池袋駅周辺です。

特に、東口の繁華街には多数の居酒屋があり、酔っ払いも多く見かけます。

実際に、警視庁が調査した令和4年度の豊島区の犯罪件数3,012件のうち、1,420件(南池袋・東池袋・西池袋の犯罪件数合計)が池袋駅周辺となっています。

加藤

治安の悪い池袋が目立っているせいで、豊島区には住みたくないという意見も見られます。ですが、駒込や巣鴨といった穏やかなエリアもあるため、最初のイメージだけで決めず、全体を知ることが大切です。

オープンハウス購入体験記

実際に、オープンハウスで都内の住宅をご購入いただいたお客様の体験記を紹介します。

豊島区住宅

<ご購入者様プロフィール>

ご主人様・奥様・お子様

<きっかけと決め手>

関西出身の夫婦なので、一戸建てを建てるなら関西に戻ってからでよいと思っていました。

ただ、娘が生まれて3人でのマンション暮らしは狭く感じるようになり、エレベーターのない4階での暮らしも不便に感じました。

そんなときにコロナ禍になり、夫婦揃って在宅勤務になったことでいっそう狭く感じたんです。

以前から知っていたオープンハウスさんに電話すると、週末に見学に行くことになりました。

翌日には現在の土地を見せてもらい、とても気に入って契約しました。

<これから家を購入する方へのメッセージ>

家は大きな買い物なので、タイミングは確かに大事です。

しかし、時間をかければいい家が手に入るわけではありません。

「これだ!」と思ったら、直感を信じて決断することも必要だと思います。

これからこの家で家族と時間を刻んでいく楽しみは、一戸建てならではの味わいなのではないでしょうか。

オープンハウス公式サイトでは、家のこだわりポイントなどをさらに詳しく掲載しています。

より具体的な体験談を読みたい方は、「

購入体験記Vol.57

」をご覧ください。



豊島区で物件を探すならオープンハウスがおすすめ!

オープンハウス

池袋のある豊島区は、サンシャインシティやパルコなどの大型商業施設や、多数のスーパー・飲食店が存在し、買い物やレジャーに困らないエリアです。

池袋から少し離れると、閑静な住宅街が広がっているため、落ち着いた暮らしを実現できます。

そこで、豊島区の物件をお探しの方には、オープンハウス公式サイトへの登録がおすすめです。

当サイトに会員登録すると、閲覧できる物件数が大幅に増え、会員限定物件の情報をいち早く得ることができます。

オープンハウスには豊富な不動産の知識を持つスタッフが在籍しており、物件探しのサポートや住まいに関する疑問点などにお答えします。

登録は最短30秒で完了しますので、下記のボタンからぜひ会員登録してみてください。

さらに、オープンハウス公式LINEでも限定物件やお得な情報を毎週配信しているので、友だち登録をして家探しの際の参考にしてみてはいかがでしょうか。

これが結論!

ポイント1

豊島区には、山手線や湘南新宿ラインなどを筆頭に、さまざまな電車が乗り入れております。特に池袋駅には8路線が乗り入れており、都心の主要エリアへスムーズに移動できます。

ポイント2

豊島区は、待機児童がゼロで、認可外保育所の差額補助が出るなど、子育てしやすい環境です。保育園にお子さんを預けやすいため、仕事と育児を両立できるでしょう。

ポイント3

サンシャインシティやPARCO、巣鴨の商店街など、豊島区には多くのお出かけスポットがあります。休日のお出かけに困ることがなく、家族サービスもしやすく、充実して過ごせるでしょう。

  • 2023年9月時点の内容です。
  

あわせて読みたい関連する記事

「家と暮らしのコラム」新着記事

おすすめのコンテンツ

ページの上部へ